中国共産党大解体

個数:

中国共産党大解体

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年12月01日 06時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828423418
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0031

出版社内容情報

塀の中の情報解析学! 

IQ150の無期囚がひも解く
中国との付き合い方
和製レクター博士の社会学!

日中国交回復は、田中角栄にてなされたが、当時、中国共産党の首脳、毛沢東、周恩来は、最初から世界のパワーポリテックスの中で動いていた。フルシチョフによってなされたスターリン批判により、中ソ関係は悪化し、米国、日本の取り込みは、あくまでも中国の世界戦略のうちであった。その後の鄧小平による日本財界人の取り込みとは逆に、いわゆる反日の元祖と言われる江沢民でなく、一見親日を装った鄧小平こそが、天安門事件以降の反日を指導したということを明らかにする。中国共産党の邪悪な戦略は、歴史を辿れば、その淵源は日中戦争の勃発の陰に常に潜んでいた。張作霖爆破事件、盧溝橋事件など中国共産党の謀略がちらつくのである。日中戦争を避けたがっていた蒋介石国民党を戦争に引き込み、日中戦争を本格化したのは、中国共産党であった。中国共産党は戦力を温存し、日中戦後、日本の武器を手に入れて国民党を追いやったのだ。歴史的事実、当時の日本国民の雰囲気など、当時の新聞、雑誌を克明にあたって、日本が巻き込まれていった戦争の真相にフェアに迫る。中国共産党のプロパガンダ、その後の情報工作も現代に通じるものがある。中国共産党は日本経済人を上手く取り込み、新日鐵をメインとして、日本のODAで、中国経済を飛躍させた一方で反日により自らのアイデンティティを確立した。習近平の中国は、そのスパイ工作として、経済人への浸透工作以外に、防衛の要、自衛隊へのスパイ工作も進めている。具体的に食指を伸ばす尖閣諸島への中国の意思、自衛隊はどこまで日本を守れるのか?戦力に基づく分析をする。一見盤石の中国共産党の綻びを観察して中国の今後を予測する。
中国共産党の邪悪な思考法を犯罪心理学を駆使して徹底解体する和製レクター博士の社会解析学!


竹内久美子氏推薦!
塀の中の超人に以前から注目していた。
この人物は世界を冷徹に見ている。
一次資料を駆使して歴史を塗り替える
中国共産党の悪意を解明した!

内容説明

和製レクター博士の無期囚がひも解く中国とのフェアな付き合い方。

目次

第1章 塀の中の情報整理について(塀の中の日課について;読書について ほか)
第2章 ねじ曲げられた中国との歴史(中国と国交回復後、友好関係にあったはずが…;何が日中間の友好を壊したのか ほか)
第3章 戦後中国との交流(中国共産党と国民党;近年の日本財界の親中国ぶり ほか)
第4章 対中国:尖閣諸島と領土問題(中国の海洋戦略と尖閣諸島問題;尖閣諸島にある莫大な資源 ほか)
第5章 日中の防衛力を検証する(中国海軍VS.海上自衛隊;日本にも空母が登場した!? ほか)

著者等紹介

美達大和[ミタツヤマト]
1959年生まれ。無期懲役囚。刑期10年以上の受刑者が収容されるLB刑務所に服役中。これまでに8万冊以上の本を読破し、現在でも毎月100冊以上の本に目を通す。ブログにて、ブックレビューを発表。その冷徹かつ詳細な分析は、和製レクター博士とも言うべき鋭さを持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。