南北戦争か共産主義革命か!?迫りくるアメリカ 悪夢の選択

個数:

南北戦争か共産主義革命か!?迫りくるアメリカ 悪夢の選択

  • ウェブストアに100冊在庫がございます。(2021年04月21日 02時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828422589
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

「政治力」に翻弄される世界経済の危機。中国と極左勢力が暗躍する世界リセット。日本経済のリスクと勝機を緊急提言!

目次

はじめに アフター・コロナ、世界リセットの衝撃
第1章 米国版文化大革命で分断か戦争か(米国民主党も分裂;ついに「独裁企業」の本性を顕わにしたGAFA ほか)
第2章 アリババ帝国崩壊で自滅する中国経済(米国混乱が世界に飛び火;日本の代わりにドイツが中国を助ける ほか)
第3章 日本経済5大リスクと勝機(「2050年脱炭素」という時代がほんとうに来るのか;電気自動車とグリーンエネルギーの限界 ほか)
第4章 コロナで見えた日本の大問題(テレワークで何が変わったのか;コロナで東京一極集中が解決!? ほか)
おわりに 歴史は振り子のように揺れ

著者等紹介

宮崎正弘[ミヤザキマサヒロ]
評論家。1946年、金沢生まれ、早稲田大学中退。日本学生新聞編集長などを経て論壇へ。中国ウォッチャーとして多くの著作がある。『中華帝国の野望』『中国の悲劇』『人民元大決壊』など5冊が中国語訳された

渡邉哲也[ワタナベテツヤ]
作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営に携わる。インターネット上での欧米経済、アジア経済などの評論が話題となる。内外の経済・政治情勢のリサーチ分析に定評があり、様々な政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行う。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。