男の子のやる気を引き出す朝のことば

個数:
  • ポイントキャンペーン

男の子のやる気を引き出す朝のことば

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時30分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 211p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828422039
  • NDC分類 374.4
  • Cコード C0095

内容説明

オリンピック選手や学者、タレントなど、ユニークな才能を輩出する大阪・清風学園での毎日の朝礼。粘り強くやり続ければ成功できること、人の役に立つこと、他者との違いを尊重すること、折れない心を持つこと…。感受性豊かな子どもたちに聞かせたい、やる気を引き出し、広く豊かな心を育む、校長の示唆に富む講話集。

目次

第1章 強い心を育てる(挨拶は自分を伝える大切なもの;自分の心を上手に育てる ほか)
第2章 核心に触れるまで努力する(自分に対する期待感を失わない;粘り強くやり遂げる力 ほか)
第3章 リーダーに求められるもの(相手に伝わるように、伝え方を工夫する;クラブ活動が非認知能力を育てる ほか)
第4章 「自利利他」の精神を持つ(真のグローバル人材とは;慈悲の心を持つ ほか)
第5章 教養を自らの叡智とする(教養を身につけて人間力を磨く;読書をして先人の知恵に学ぶ ほか)

著者等紹介

平岡宏一[ヒラオカコウイチ]
1961年大阪生まれ。清風学園専務理事、清風中学・高等学校校長。種智院大学客院教授。早稲田大学第一文学部卒後、種智院大学を経て高野山大学大学院修士課程修了。1997年、同大学院博士課程単位取得退学。2020年、高野山大学より『秘密集会タントラ概論』で博士(密教学)を授与される。高野山真言宗僧侶。1988年から89年にかけてインドのギュメ密教学問寺に留学し、外国人として初めてCERTIFACATE(正式に伝授されたことを示す証明)を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。