日本を直撃する「複合崩壊」の正体―波乱相場に打ち勝つ賢者の投資戦略

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本を直撃する「複合崩壊」の正体―波乱相場に打ち勝つ賢者の投資戦略

  • ウェブストアに198冊在庫がございます。(2018年12月12日 19時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828420554
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0033

内容説明

マスコミでは流れない正しい情報分析&資産培増のための「最強・常勝五カ条の投資極意」を徹底解説!「GAFA」の実態から米中貿易戦争の影響、乱高下相場の行方、そして改元後の日本まで、経済のうねりと未来像を的確に読み解く!2019特選注目銘柄15&2018実績を大公開!

目次

第1章 2019年に注意すべき五つのリスクファクター(高値波乱局面の到来;トランプ米国のリスク;安倍政権と日本のリスク;中国を中心とする地政学リスク)
第2章 正念場を迎える日本経済(平成の終わりと経済政策検証;2019年の重要イベント)
第3章 金融波乱の火種となるトランプ大統領とFRB(グローバルな株価調整の行く末;金融変動核心であり続けるFRB;米中貿易戦争の終着点)
第4章 日経平均株価上昇の裏にある落とし穴(「成長戦略」の投資戦略への活用術;2018年12月発効が決まった「TPP11」)
第5章 2019年波乱相場を勝ち抜く賢者の投資戦略(2019年のマーケットトレンド;それでも検討すべき株式投資;資産倍増の極意と鉄則;分散投資と先物取引、仮想通貨の可能性)

著者等紹介

植草一秀[ウエクサカズヒデ]
1960年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社=TRI代表取締役。1998年日本経済新聞社アナリストランキング・エコノミスト部門1位。2002年度第23回石橋湛山賞(『現代日本経済政策論』岩波書店)受賞。「オールジャパン平和と共生」運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。