愛にはじまる―ダウン症の女流書家と母の20年

個数:

愛にはじまる―ダウン症の女流書家と母の20年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 07時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 103p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784828412894
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

ダウン症として生を受けた娘に絶望し、何度も親子で心中を考えた母、突然の夫の死、社会からの拒絶…見えない壁を乗り越えながら、娘は幼い子どもや知的障害者に、書を教えるまでに成長した。たった一つの「希望」を探し続けた親子の軌跡。

目次

絶望からの出発
どんな子にも「希望」はある
涙の理由
学校へ通う
プールに入れない
障害者を教える障害者
「場」を読む技術
私が死んだ後のこと
決して断らない
心の風景
園長先生のお話
決められた解答はありません
能力とは何か(その一・時間編;その二・言葉編;その三・お金編)
翔子の「恋」
赤い自転車
ジャンケンの秘密
ビリの役割
きっかけは「般若心経」
個展にて
仏の書(柳田泰山)

著者等紹介

金澤泰子[カナザワヤスコ]
1943年12月東京生まれ。明治大学入学後、短歌「まひる野」同人となり、馬場あき子に師事。その後、能楽「喜多流」の喜多節世、書道「学書院」の柳田泰雲に師事。1977年、金澤裕と結婚。1985年6月、翔子を誕生するもダウン症と診断される。1990年、「久が原書道教室」を自宅の一階でスタート。1998年、書道「泰書會」に入会、柳田泰山に師事。雅号は金澤蘭凰

金澤翔子[カナザワショウコ]
1985年6月東京生まれ。生まれてすぐダウン症と診断される。1990年、5歳のときに母に師事し書道を始める。1995年、10歳のときに「般若心経」を書き、同年全日本学生書道連盟展に「花」を出品。その後、14歳から17歳まで日本学生書道文化連盟展に毎年作品を出品(16歳のときの「舎利礼」、17歳のときの「觀」は、ともに金賞を受賞)。2004年、19歳のときに雅号「小蘭」を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤吉 功

2
ダウン症の女流書家、金澤翔子さんの誕生から個展を開催するまでの軌跡を母親の泰子さんが書き下ろした本。お母様は翔子さんと自殺することを考え続けた日々があり、親の壮絶な想いとご苦労を感じた。翔子さんは、書をお母様から習い初めて、何度も叱られ続けても、怒ることなくやり続けて完成したときには、『ありがとうございました。』と言われた。親に叱られて、ありがとうございます。と言うなんて、魂のレベルが高くないと言えないと思う。2013/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1456057

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。