融資判断力をアップする稟議書の作り方―ワークシート・事例で学ぶ

個数:
  • ポイントキャンペーン

融資判断力をアップする稟議書の作り方―ワークシート・事例で学ぶ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月18日 05時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 174p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784828304106
  • NDC分類 338.54
  • Cコード C2033

目次

第1章 貸出稟議書の意義と役割(貸出稟議書とは、そしてその役割とは?;貸出稟議書の作成―申込みから決裁まで)
第2章 貸出稟議書の作成から決裁までのポイント(良い貸出稟議書の条件;良い貸出稟議書を作成するコツ ほか)
第3章 稟議種類ごとの検討事項と記載上のポイント(定型的な貸出稟議書;個別案件についての稟議)
第4章 説得力ある稟議書の作成に必要な事業実態の把握(製造業の実態把握;海外現地法人の実態把握 ほか)

著者等紹介

山越輝雄[ヤマコシテルオ]
昭和54年横浜国立大学経済学部卒、八十二銀行入行。融資部主任調査役、企業調査グループ長を歴任した後、独立。平成17年9月株式会社長野企業コンサルティングを設立し、地元企業に対する経営診断および事業再生に携わるかたわら財務関係の講演・研修活動を行っている。また、長野不動産経営研究所代表として不動産管理を手がけるなど、多方面に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。