国益ゲーム―日米貿易協定の表と裏

個数:
  • ポイントキャンペーン

国益ゲーム―日米貿易協定の表と裏

  • 緒方 林太郎【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • ぱる出版(2020/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 08時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784827212303
  • NDC分類 678.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

外交官として、国会議員としての経験から通商分野に精通する著者が、1990年代の日米貿易摩擦に始まり、TPP交渉、日米貿易交渉に至る日本とアメリカの通商関係を多面的に読み解く。
コメ、自動車、保険、豚肉、著作権といった個別の重要テーマのみならず、アメリカ大統領選挙や日本の交渉体制のあり方にも踏み込み、取り上げられる分野は極めて多岐に亘る。読者は著者の圧倒的な知識量と解析力に驚くだろう。
通商交渉は、政治、経済、法律が複雑に絡まる中で、お互いが国益を最大化しようとするゲームである。本書は、ともすれば学術的に過ぎたり、政治的プロパガンダになりがちな通商の議論を丁寧に整理し、落ち着いた視点から書かれている。
著者は保護主義の危険性を説き、漸進的な自由貿易の推進を訴える。しかし、本書を手にしていただければ分かるが、無条件で自由貿易を礼賛するものではない。TPP交渉や日米貿易交渉についても、成功した点、失敗した点を明確に分けて書いている。そして、本著はいわゆる「政治家本」ではない。著者は現在の政治情勢の中にあっては野党に属するが、本書の中において、特定の政党に与した記述を見つける事は出来ない。

序章 ある違和感
第1章 アメリカとのゲームの教訓
第2章 アメリカ流ゲームのやり方
第3章 TPP交渉というバトル・フィールド
第4章 ゲームオーバー回避 -TPPの結果
第5章 魑魅魍魎の住む世界1 -制度疲労が目立つコメの輸入制度
第6章 魑魅魍魎の住む世界2 -誰も正しく理解していない豚肉輸入の闇
第7章 リセットボタン -アメリカとの二国間交渉
第8章 目まぐるしく変わるゲームの景色
第9章 クリアー失敗 -日米交渉の結果
終章 日本はどこに向かうべきか

内容説明

米、自動車、保険、豚肉。全ては1つの盤面で賭けられたゲームのコマである。マスコミ報道、国会答弁では見えてこないゲームの裏面に潜む真実とは。元外務省WTO交渉担当条約担当課長補佐、ブロゴスで人気の著者が、日米貿易協定の表と裏を看破、分かりやすく解説する。

目次

序章 ある違和感
第1章 アメリカとのゲームの教訓
第2章 アメリカ流ゲームのやり方
第3章 TPP交渉というバトル・フィールド
第4章 ゲームオーバー回避―TPPの結果
第5章 魑魅魍魎の住む魔界1―制度疲労が目立つコメの輸入制度
第6章 魑魅魍魎の住む魔界2―誰も正しく理解していない豚肉輸入の闇
第7章 リセットボタン―アメリカとの二国間交渉
第8章 目まぐるしく変わるゲームの景色
第9章 クリアー失敗―日米交渉の結果
終章 日本はどこに向かうべきか

著者等紹介

緒方林太郎[オガタリンタロウ]
1973年福岡県北九州市生。1991年福岡県立東筑高校卒、東京大学教養学部文科一類入学。3年時に外務公務員一種試験に最年少合格。1994年東京大学法学部中退、外務省入省。WTO交渉担当、条約担当の課長補佐を歴任。2005年外務省退職。2009年衆議院議員初当選(2期務める)。予算委員会、TPP特別委員会等に所属。ブログサイトBLOGOSにおいて、印象的な記事が評価され表彰されるなど、外交や政治といった分野でのプロ肌の分析には定評あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

6
TPPをはじめとする貿易協定の裏側を知る。 駆け引きの世界だが日本はどの程度のスキルを有しているのか。。2021/07/04

Kazuo Ebihara

2
外務省時代、WTO交渉担当をしていた著者。 米国から改善を求められる貿易交渉は、 半導体、自動車、保険から始まった。 その後、主要食品にまで広がり、 コメ、豚肉はとてつもなく複雑で歪んだ形で 運用されている実態が明らかにされています。 貿易交渉はまさに国益を賭けたゲーム。 大丈夫か、日本の食。2020/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15527682

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。