私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。

個数:
  • ポイントキャンペーン

私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。

  • 大宮 冬洋【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • ぱる出版(2013/03発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌・特選品ポイント2倍キャンペーン ※店舗受取サービスは対象外です
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに在庫がございます。

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり、出荷までに日数がかかることがございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784827207798
  • NDC分類 673.7

内容説明

正社員・アソシエイト社員・準社員・アルバイトはどこへ行った?ついに1兆円企業へ。急成長するユニクロ(ファーストリテイリング)に新卒入社した著者が見たもの―。

目次

プロローグ 居心地の良かった「ユニクロ154番店」の跡地を訪ねて
第1章 裏店長と呼ばれたAランクパートとフリースブーム以前入社の古参準社員
第2章 サッカー選手を目指すフリーターと元ギャル。アルバイトスタッフの意外な本音
第3章 熱血社員たちはなぜ3年でユニクロを辞めたのか
第4章 ユニクロ常連客の外資系金融マンとCSスタッフ賞受賞の美人現役スタッフ
第5章 元チーマーと元銀行員がなぜユニクロに?謎だらけだった2人の過去
第6章 勤続16年「ユニクロが青春だった」元スーパースター店長との邂逅
エピローグ 地域で愛されるユニクロに生まれ変われ

著者紹介

大宮冬洋[オオミヤトウヨウ]
1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職。退職後、編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件