ルーズな文化とタイトな文化―なぜ“彼ら”と“私たち”はこれほど違うのか

個数:

ルーズな文化とタイトな文化―なぜ“彼ら”と“私たち”はこれほど違うのか

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2024年02月25日 23時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826902366
  • NDC分類 361.41
  • Cコード C0030

出版社内容情報

たった一つの尺度で社会は読み解ける!

ルールに厳しい「タイトな文化」と、ルールにうるさくない「ルーズな文化」。両者の違いを理解すれば、お国柄の違いから社会階級の格差、組織内のもめごと、さらには国際紛争やテロまで、現代社会のさまざまな差異や分断を読み解ける。長年にわたる国際調査にもとづいて、〈タイト/ルーズ〉の尺度で社会を解読する画期的な研究。

内容説明

静まりかえった東京の通勤電車と、騒々しいNYの電車―その違いの根底には“タイト/ルーズ”という文化の違いが潜んでいる。歴史や地理条件に応じて、世界にはルールに厳しい“タイトな文化”とそうでない“ルーズな文化”が存在し、それが国々の差異を生み出しているのだ。“タイト/ルーズ”のロジックを使えば、社会階級の格差、企業合併の失敗、組織内の対立、さらには国際紛争やテロなど、現代の多様な問題も読み解ける。長年にわたる国際調査に基づき、さまざまな社会集団の分断と差異を解読する画期的な研究。

目次

第1部 基礎編―社会の根源的な力(カオスへの処方箋;「過去」対「現在」―変わるもの、変わらないもの;タイトとルーズの陰と陽;災害、病気、多様性)
第2部 分析編―タイトとルーズはどこにでもある(タイトな州とルーズな州;「労働者階級」対「上層階級」―文化にひそむ分断;タイトな組織とルーズな組織―思いのほか重大な問題;セルフチェック―あなたはタイト?それともルーズ?)
第3部 応用編―変動する世界におけるタイトとルーズ(ゴルディロックスは正しい;文化の反撃と世界の秩序/無秩序;社会規範の力を利用する)

著者等紹介

ゲルファンド,ミシェル[ゲルファンド,ミシェル] [Gelfand,Michele]
スタンフォード大学経営大学院組織行動学教授、スタンフォード大学心理学客員教授、メリーランド大学カレッジパーク校心理学特別教授。専門は比較文化心理学、組織心理学。文化や社会規範に関する画期的な研究は高い評価を受け、数々の賞を受賞。『ワシントンポスト』『ニューヨークタイムズ』などのメディアにも何度も取り上げられている

田沢恭子[タザワキョウコ]
翻訳家。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

20
世界の国や文化の傾向を「ルーズ」と「タイト」に分けて分析し、それぞれの特性とそこから生まれる様々な問題や事象などを解説した一冊。日本はもちろん「タイト」です。優劣ではなく、あくまで差異としてそれぞれのポジティブな面とネガティブな面に注目したバランスが良い内容でした。面白かったです。2023/04/23

田氏

19
提案されるタイト/ルーズというスケールは、あくまで事象への目の向け方であり、それぞれがいかに異なる価値世界であるかを理解する手がかりと取るべきだろう。それを属性の区別としてしまったり、道徳・倫理意識やリベラル/保守といった別のスケールと混同すると、齟齬を招くのは想像に難くない。しかし、意思決定の場において、その分別は可能だろうか?意思決定とは言うなれば何を「善」とするかの決定であるからだ。本書が掲げる「改善」事例は、むしろそのような状況においてのタイト/ルーズの尺度の無力さを示しているようにも思えるのだ。2022/05/25

そうすけ

14
文化の間でルール、権威や秩序を求める度合いが異なる。時間をきっちりと守ると言う意味で、日本人は全体的にタイト。上下関係が希薄などの理由で、アメリカはルーズような形で分類されています。1960年代から学者の間で提唱された分け方で、基づいた研究も豊富にある事がわかりました。コロナに対する対応の仕方や移民に対する寛容さなど、様々な状況でルーズさとタイトさは違いを生み出すと言う主張は、非難的にも読めますが異文化を理解する新しい示唆を与えてくれるとも感じました。2023/05/18

Yuki2018

8
多様な軸で行われることが多い文化比較を、敢えて「タイトかルーズか」の一軸に絞った点が本書の特徴。その分、厳密さに欠けるところはあるものの、非常に幅広く適用可能なフレームワークだと感じた。タイトな文化は規範遵守圧力により秩序が保たれるが、多様性を受け入れず狭量。ルーズな文化は多様性に対して寛容だが秩序を欠きやすい。どちらかに極端に偏らないことが重要だ。なかなか面白いお勧めの一冊。因みに、私が勤務する日本の某銀行は当然「超タイト」な企業文化。最近ルーズにしようとしているが基本的に上手くいっていない。2022/09/04

gokuri

4
スタンフォード大の心理学教授の本。世界各国を、タイトとルーズという区分からその具体的な様相、対立の構図などを語る。ルーズな文化が技術革新にいかに有利であるか示すのは誰もが認めるところ。第3部応用編が現在の世界情勢を鑑みるに非常に示唆に示唆に富んでいると感じる。特に独裁や共産社会が、民主化の春を迎えたのちに、混沌を迎えたのち、再びタイトな独裁国家になっていったことを示されて、読者としては世界の文化的な背景の重要性を再認識せざる負えない。2022/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19292641
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。