元素創造―93~118番元素をつくった科学者たち

個数:

元素創造―93~118番元素をつくった科学者たち

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2021年10月18日 14時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 382p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826902304
  • NDC分類 429.45
  • Cコード C0043

出版社内容情報

核と核をぶつけ、新しい元素を合成する現代の錬金術
原爆のプルトニウム、理研が合成したニホニウム…
周期表を拡張した発見の物語

周期表の93‾118番、超ウラン元素と呼ばれる元素は、多くの人になじみがない。
天然には存在せず、原子炉や加速器をもつ特別な施設でしか扱われない。
そういう特殊な元素が、原爆コア物質として人類史を変えたばかりか、宇宙の秘密に迫ろうとする科学者たちを魅了した。
約80年におよぶ米・露・独・日の熾烈な合成レースがくり広げられ、26種の超ウラン元素がつくられた。
十分に重い元素は予測と異なる性質を示し、近い将来、化学の土台を揺さぶるという見方まである。

超ウラン元素はどうやってつくられたのか? 119番以降も合成は続くのか?
関係者への広範かつ綿密な取材をもとに、周期表の果てをめざした元素ハンターたちの挑戦をあざやかに描き出す。

内容説明

核と核をぶつけ、新しい元素をつくる現代の錬金術。原爆のプルトニウム、理研がつくったニホニウム…周期表を拡張した発見の物語。

目次

1 ウランの子たち(現代の錬金術―一七八七~一九三八年;カリフォルニアの若者たち―一九三九~四一年、93番・94番;原子爆弾と新元素―一九四一~四三年、95番・96番 ほか)
2 超フェルミウム戦争(ノーベリウムか、ノービリービウムか―一九五七年、102番;ソ連の参戦―一九五〇年代;東西対決―一九五九年~七〇年代、迷走の102~105番 ほか)
3 化学の果てへ(壁の崩壊―一九八九年~九〇年代、110~112番;元素詐欺―一九九九~二〇〇二年、幻の114~118番、本物の110~112番;米露の祝宴―一九九九~二〇一二年、114番・116番 ほか)

著者等紹介

チャップマン,キット[チャップマン,キット] [Chapman,Kit]
英国のフリーランス科学ジャーナリスト。1983年サウサンプトン生まれ。『ネイチャー』、『ニューサイエンティスト』、『デイリーテレグラフ』などの誌紙に寄稿し、テレビ・ラジオにレギュラー出演中。2006年ブラッドフォード大学修士課程(薬学)修了。2020年にサンダーランド大学で博士号(科学史・科学哲学)を取得

渡辺正[ワタナベタダシ]
1948年鳥取県生まれ。1976年東京大学大学院博士課程修了(工学博士)。1992年同大学教授、2012年定年退職(名誉教授)。2012~21年東京理科大学教授。専門は物理化学・環境科学・理科教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読み人

3
<図書館本>科学音痴の私にも楽しく読めました。お薦め本です。2021/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18334052

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。