父親の科学―見直される男親の子育て

個数:

父親の科学―見直される男親の子育て

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月12日 19時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826902083
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0040

内容説明

父親は子育てに本当に必要なのか?―これまで見過ごされがちだった男親の育児の価値を科学の視点で徹底検証。最新の研究成果が明かす“意外にすごい”お父さんの役割!全米育児出版賞金賞、マムズチョイスアワード金賞。

目次

はじめに 屋根裏のがらくたを一掃する
1 父親のルーツ―ピグミー、キンカチョウ、飢饉
2 受精―遺伝子同士が行う綱引き
3 妊娠―ホルモン、うつ、最初の争い
4 実験室から見る父親―二十日鼠と人間
5 乳児期―作り変えられる父親の脳
6 幼児期および学童期―言葉、学習、バットマン
7 ティーンエイジャー―父親の不在、思春期、ハタネズミの貞節
8 高齢の父親―待ったことの報酬とリスク
9 父親の役割
おわりに 父親は重要である

著者等紹介

レイバーン,ポール[レイバーン,ポール] [Raeburn,Paul]
AP通信科学担当デスク、米国科学著述協会会長を経て、科学記者・解説者。「ディスカバー」、「サイエンティフィック・アメリカン」、「ハフィントン・ポスト」などに寄稿多数

東竜ノ介[アズマリュウノスケ]
1962年東京生まれ。成城大学文芸学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件