反共感論―社会はいかに判断を誤るか

個数:
電子版価格
¥2,860
  • 電書あり

反共感論―社会はいかに判断を誤るか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月21日 01時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826902014
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C0011

内容説明

無条件に肯定されている共感にもとづく考え方が、実は公正を欠く政策から人種差別まで、社会のさまざまな問題を生み出している。心理学・脳科学・哲学の視点からその危険な本性に迫る、全米で物議を醸した衝撃の論考。

目次

第1章 他者の立場に身を置く
第2章 共感を解剖する
第3章 善きことをなす
第4章 プライベートな領域
第5章 暴力と残虐性
第6章 理性の時代

著者等紹介

ブルーム,ポール[ブルーム,ポール] [Bloom,Paul]
イェール大学心理学教授。発達心理学、社会的推論、道徳心理学の世界的権威。研究のほか執筆や教育でも多数の受賞歴がある。コネチカット州ギルフォード在住

高橋洋[タカハシヒロシ]
翻訳家。同志社大学文学部文化学科卒(哲学及び倫理学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

80
共感、他人を配慮し同情する感情的な気遣い、は必ずしも社会にとって有益ではないとする著者の主張。脳科学や様々な実例から常識とされることを疑う。微妙な問題を取り扱うためと範囲の広い事柄のせいか論旨が少し読み取りにくいが、非常に興味深く読めた。井戸に落ちた子猫に同情し大騒ぎすると同時に、異国の無名な人たちが受けた大災害や大事故への無関心の差などの考察。綺麗事な疑ってはいけない道徳と実際のエゴの問題など、個人的に関心がある議論がでてくるのでなかなか読み応えがあった。ただちょっとまどろっこしく感じる。2018/04/07

Willie the Wildcat

61
情動的共感vs.認知的共感、共感vs.同情、あるいは共感vs.インセンティブvs.習慣など、様々な対比が言葉の定義と自己の再認識の一助となる。踏まえて、「個」の主観性が齎す暗部が、表題の”反”也。郷党性はもちろんだが、時に没道徳的となる。数々の事例を、(全てを肯定もしないが)否定することができない自分に気づく。加えて、SNSの匿名性が、時に”混乱”に拍車をかけている気がする。そもそも論で、共感を求められているのか?どうにも現代社会の世知辛さを感じる。2019/07/04

小木ハム

28
共感は万能ではない。精神科医が共感に過ぎると適切な処置ができず医者自身が病気になり、スーパーマンが共感に過ぎると身内だけ助けてその他多数を見殺しにする。『情動的共感』はプライベートな人間関係において大いに有効だが、感情に寄り添うだけで問題は解決しない。『認知的共感』は親しい関係であるほど冷たい印象を与えてしまうが、事を俯瞰して建設的な解を得やすい。二つとも時と場合を選んで使い分けるべきであり、更にいえば、本書からは共感より『思いやり』を重視した方がいい事が学べる。両者は似て非なるものだ。2021/07/10

おさむ

28
最近の心理学者って、扇情的なテーマや見出しにして、本を売ろうとする魂胆が見え見えで正直嫌になります。とりわけ米国でこの傾向が顕著。本著も挑戦的な問いかけではあるが、展開されている論がいずれも中途半端であり、説得力に欠けます。ザッと斜め読みで十分だと思います。ちなみに、上記の米国の論調をそのままパクって成功しているビジネスモデルが橘令さん笑。2018/10/06

きゃれら

27
4年半も前に出た本で、その時買ったきり積んでいたけれど、今でも十分に読む価値がある。いや、今こそ読むべきかも。言いたいのは帯にある通り「共感は100%善である」というのは間違いだということで、それは常日頃から身にしみている。戦争だって、共感から引き起こされることがあるんだから。アダム・スミス「道徳感情論」が何度も何度も引用されているのが印象的で、逆に言うと、道徳感情論がどれだけいい本なのか、ということかも。この本と併読をおすすめ、国富論より面白いし。2022/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12634547
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。