PP選書<br> 日本保守思想のアポリア

個数:
  • ポイントキャンペーン

PP選書
日本保守思想のアポリア

  • 礫川 全次【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 批評社(2013/06発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 08時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784826505826
  • NDC分類 311.4
  • Cコード C0021

内容説明

「尊皇攘夷」を錦の御旗に、倒幕・権力奪取した明治維新政府は、近代化・欧化政策を推し進め、日本古来の伝承文化を解体する一方、欽定の帝国憲法を制定するなど、新たな「保守主義」を創造し、アジア支配を目指す覆覇国家として再出発した。「王政復古」という名の「断絶」と「継承」を支えたのは、「國體」という虚構のイデオロギーであった。「國體」というキーワードをとおして、近代日本の保守思想を解剖する。

目次

序章 御誓文とデモクラシー
第1章 御誓文とマッカーサー
第2章 明治国家のアイデンティティ
第3章 憲法制定と國體論争
第4章 神代文字とルーン文字
第5章 「明治のバーク」金子堅太郎
終章 シュタインの忠言

著者等紹介

礫川全次[コイシカワゼンジ]
1949年生まれ。在野史家。歴史民俗学研究会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。