サイコ・クリティーク
ACT‐Kの挑戦―ACTがひらく精神医療・福祉の未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 148p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784826504850
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C3047

内容説明

ACT(Assertive Community Treatment)とは何か。24時間365日、精神障害者に医療と福祉の一体化した訪問による生活支援を行うACT‐Kの実践レポート。

目次

第1章 ACT―精神医療・福祉の最先端
第2章 ACTとは何か
第3章 地域生活支援と「精神疾患・障害複合(MIDcomplex)」
第4章 メルトダウンする精神医療・福祉体制
第5章 ACT‐Kの誕生と現状
第6章 地域精神医療・福祉における支援関係の原則
第7章 これからの精神医療・福祉とACT

著者等紹介

高木俊介[タカギシュンスケ]
1957年生まれ。京都大学医学部卒業。光愛病院(高槻市)、京大病院精神科、ウエノ診療所を経て、現在、たかぎクリニック(京都市)を開設。ACT‐Kを主宰し、精神科在宅医療に取り組んでいる。「精神医療」編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。