在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療

個数:

在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月25日 17時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 177p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826504560
  • NDC分類 493.7

内容説明

在日朝鮮・韓国人の発病にいたる過程は、「在日」という「負」の歴史が刻印された「個」の生活史を抜きには考えられない。精神科医として、自らは末期癌に冒され死と背中合わせに生きながら、一人ひとりの患者さんを丁寧に診察しつつ、その具体的症例をとおして「在日」外国人の置かれた社会の実相に迫りつつ、精神医療の引き裂かれた現実の核心に迫る。

目次

第1部 在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療(問題の所在と本論の目的;予備的説明と文献的考察;症例;考察)
第2部 精神医療の世界から(時の流れ;DSM‐3の誕生とその影響;森山公夫の「統合失調症」;E.サイードのオリエンタリズム;ネルソン・マンデラの思想;ジョン・ラッセルの「差別の構造」;田中正造の人権思想;ハングルを学ぶ;雑誌「精神医療」について;精神科専門医制度)

著者紹介

黒川洋治[クロカワヨウジ]
昭和18年生まれ。昭和43年、群馬大学医学部卒業。厚生連下都賀総合病院(栃木市)、デンバー総合病院・コロラド大学病院で精神科レジデント(研修医)、千葉県精神衛生センター、東京都立墨東病院、松沢病院(医長)、東京都衛生局精神衛生課長、東武丸山病院副院長、曽我病院院長、南伊豆病院院長などを経て、現在、国府津病院院長。神奈川県小田原市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

精神科医として在日朝鮮・韓国人の治療にあたりながら、彼らの発病にいたる過程が、日本社会のなかで虐げられてきた「在日」という負の歴史を抜きには考えられないことに思い至る。自らは末期癌に冒され死と背中合わせに生きながら、一人ひとりの患者さんを丁寧に診察しつつ、その具体的事例をとおして在日外国人の置かれた事実の核心に迫る。

この本が誕生するまで-少し長いまえがき/1.時の流れ/2.DSM-Ⅲの誕生とその影響/3.森山公夫の「統合失調症」/4.E.サイードのオリエンタリズム/5.ネルソン・マンデラの思想/6.ジョン・ラッセルの「差別の構造」/7.田中正造の人権思想/8.ハングルを学ぶ/9.雑誌「精神医療」について/10.精神科専門医制度 
在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療/はじめに/Ⅰ 問題の所在と本論の目的/Ⅱ 予備的説明と文献的考察/Ⅲ 症例/Ⅳ 考察/A 在日朝鮮・韓国人の精神障害の精神病理/B 在日朝鮮・韓国人の精神疾患者の治療・処遇上の問題について/C この種の「研究」のあり方について/あとがき