未発選書<br> トランス・モダン・リテラチャー―「移動」と「自己」(アイデンティティ)をめぐる芥川賞作家の現代小説分析

個数:

未発選書
トランス・モダン・リテラチャー―「移動」と「自己」(アイデンティティ)をめぐる芥川賞作家の現代小説分析

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月27日 15時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 580p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784823410949
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0091

目次

序 「次」の無限後退からの「移動」―「ポストモダン文学」と区別して
第1部 「移動」する「身体」―“断片・性・家族”(逃走あるいは溶解する境界―笙野頼子「なにもしてない」をめぐって―“無職”“結婚”“天皇制”;「倒錯」と「顛倒」の連鎖―笙野頼子「二百回忌」をめぐって―“本家/分家”“異界/日常”“鉄道”;移動する時空あるいは残された断片―笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」をめぐって―“昭和/平成”“鉄道”“記憶/記録” ほか)
第2部 「移動」する日常―“転勤・通勤・上京”(労働的不安の諸相―小山田浩子「工場」論―“動物/人間”“内部/外部”“労働”;日常的不安の諸相―小山田浩子「穴」論―“動物/人間”“都会/田舎”“実在/実存”;視線の交錯あるいは視線の占有―青山七恵「窓の灯」をめぐって―“覗き”“徘徊”“ラカン・眼差し” ほか)
第3部 「移動」する「私」―“記号文化・家族・経済”(言葉の「闘争」と言葉からの「逃走」―中上健次「十九歳地図」をめぐって―“浪人生”“電話”“新聞奨学生”;記号文化に外部はあり得たのか―藤原智美「運転士」論―“記号文化”“フロイト”“メタファー”;「見えないもの」が見せてくれるもの―長嶋有「猛スピードで母は」論―“記号文化”“欠損家族”“可視/不可視” ほか)
結 「あとがき」に代えてあるいは「現象」としての「文学」―「文学」から学べること

著者等紹介

疋田雅昭[ヒキタマサアキ]
1970年生まれ。立教大学文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。長野県短期大学助教、准教授を経て、東京学芸大学教育学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。