ローマ教皇フランシスコ守護霊の霊言―コロナ・パンデミックによるバチカンの苦悶を語る

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ローマ教皇フランシスコ守護霊の霊言―コロナ・パンデミックによるバチカンの苦悶を語る

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年07月15日 14時08分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784823301773
  • NDC分類 169.1
  • Cコード C0014

内容説明

なぜカトリック圏で広がり続けるのか?祈りは神に通じているのか?その「救い」の心情と叶わぬ「悔しさ」―メディアからは見えない最高指導者の本心に迫る。イエス・キリストの見解との大きな違いが明らかに。

目次

第一部 コロナ・パンデミックによるバチカンの苦悶を語る(「イエスの心が分からない苦しみ」と「弱者への思い」―ローマ教皇守護霊の霊言;「イエス・キリストの霊言」への疑念について―ローマ教皇守護霊の霊言)
第二部 その人柄と本心を探る―ローマ教皇守護霊の霊言(核兵器や信仰に対する考え方;軍事政権下を生き延びた経験から来る発想;弱者救済の強い思い;中国に対する複雑な思い;過去世や中東問題、トランプ大統領への見解;日本人へのメッセージ)

著者等紹介

大川隆法[オオカワリュウホウ]
幸福の科学グループ創始者兼総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。86年、「幸福の科学」を設立。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)会長、ARI Production(株)会長でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。