マイクロソフト公式解説書<br> Windows Sysinternals徹底解説―無償ツールで極めるトラブルシューティングテクニック (改訂新版)

個数:
電子版価格 ¥6,050
  • 電書あり

マイクロソフト公式解説書
Windows Sysinternals徹底解説―無償ツールで極めるトラブルシューティングテクニック (改訂新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 740p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784822298968
  • NDC分類 007.63
  • Cコード C3004

出版社内容情報

 本書は“Windows Sysinternals Administrator's Reference”(Microsoft Press、2011年)の改訂版である“Troubleshooting with the Windows Sysinternals Tools”(Microsoft Press、2016年)の日本語翻訳版です。「Sysinternals」という言葉を聞いたことがなくても、Process ExplorerやProcess Monitor、PsExecならご存知のかたも多いでしょう。これらはすべて「Sysinternalsユーティリティ」に含まれるツールです。SysinternalsユーティリティはWindowsの診断、トラブルシューティング、最適化に役立つツールの総称で、Microsoft TechNetサイトで無償提供されています。Windows Server 2016から提供開始されたNano Serverで利用できるサブセット版も公開されています。
 本書はSysinternalsユーティリティの使い方の詳細なガイダンスと、それを補足するWindows内部の技術解説を提供します。ユーティリティの生みの親であるMark Russinovichと、WindowsのエキスパートであるAaron Margosisの解説により、ファイル、ディスク、プロセス、セキュリティ、Windows管理用の、多数の無償ツールの特徴と機能をより深く知ることができます。
 今回の改訂では、ProcDumpの章が新たに追加されたほか、第3部のトラブルシューティングの事例が大幅に加筆されています。日本語版では原書発行後に行われたツールの更新をできる限り反映し、日本語版Windows環境で基本的な動作確認を行いました。

内容説明

Sysinternalsユーティリティ唯一の解説書が5年の時を経てパワーアップ!トラブルシューティングの“匠の技”を大幅加筆。

目次

第1部 はじめに(Sysinternalsユーティリティの始め方;Windowsのコアの概念を学ぶ)
第2部 リファレンスガイド(Process Explorer;Autoruns;Process Monitor;ProcDump;プロセスと診断のユーティリティ;セキュリティのユーティリティ;Active Directoryのユーティリティ;デスクトップのユーティリティ;ファイルのユーティリティ;ディスクのユーティリティ;ネットワークと通信のユーティリティ;システム情報のユーティリティ;その他のユーティリティ)
第3部 トラブルシューティング―“原因不明の…の問題”(エラーメッセージ;クラッシュ;ハングアップとパフォーマンスの低下;マルウェア;ソフトウェア開発におけるトラブルシューティング)

著者等紹介

ルシノビッチ,マーク[ルシノビッチ,マーク] [Russinovich,Mark]
Microsoft Azureの最高技術責任者(CTO)であり、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォームの技術戦略とアーキテクチャを監督している。分散システムやオペレーティングシステムの内部構造、サイバーセキュリティのエキスパートとして広く認知されている。Winternals Software社がマイクロソフトに買収された2006年から、マイクロソフトに所属。Winternals Softwareは、1996年に共同で設立した会社であり、Sysinternalsをはじめ、数多くのWindowsの管理および診断ユーティリティを開発、公開し、人気を集めた

マーゴシス,アーロン[マーゴシス,アーロン] [Margosis,Aaron]
マイクロソフトのグローバルなサイバーセキュリティ部門のプリンシパルコンサルタントであり、1999年からセキュリティ意識の高い顧客とともに仕事をしてきた。Windowsセキュリティ、特権の最小化、アプリケーション互換性、および環境のロックダウンの構成を専門としている。マイクロソフトカンファレンスのトップスピーカーであり、組織が高いセキュリティの環境を実装するのに役立つ数多くのツールを作成、公開してきた

山内和朗[ヤマウチカズオ]
フリーランスのテクニカルライター。大手SIerのシステムエンジニア、IT専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。過去に「山市良」「三華和夫」の筆名でIT専門誌に多数の記事を寄稿。最近はIT系のWebメディアへの寄稿、ITベンダーのWebコンテンツの制作、技術文書(ホワイトペーパー)の執筆、ユーザー事例取材などを中心に活動。2008年10月から現在までMicrosoft MVP‐Cloud and Datacenter Management(旧カテゴリ:Hyper‐V)を毎年受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。