なぜ倒産 こうするよりほかなかったのか―23社の破綻に学ぶ失敗の法則

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

なぜ倒産 こうするよりほかなかったのか―23社の破綻に学ぶ失敗の法則

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月23日 19時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822292829
  • NDC分類 335.4
  • Cコード C0034

出版社内容情報

月刊誌「日経トップリーダー」が帝国データバンク、および東京商工リサーチの協力を得て、近年、経営破綻した23社を徹底取材。破綻の真相には小説を超えるドラマがある!

発売1ヶ月で、3万部突破のベストセラー!
「読売新聞」「週刊文春」「週刊ダイヤモンド」など、メディアで話題沸騰!

◆週刊文春書評 ※週刊文春2018年8月2日号掲載「新刊推薦文」より
 倒産した二十三社の事例から、「倒産」という現象に共通する要素を探る。
 「成功はアート、失敗はサイエンス」という言葉が刺さる。


●元社員、取引先、そして経営者本人の苦渋の証言
 運命は変えられなかったのか―。

経営者向けの月刊誌「日経トップリーダー」が
帝国データバンク、および東京商工リサーチの協力を得て、
近年、経営破綻した23社を徹底取材。

大手に真っ向勝負を挑んだ「切り餅」屋
「ピザ1枚350円」で、業界の寵児となったピザ屋
大ヒット絵本「こびとづかん」で急成長した出版社
韓流ブームで急拡大した映画・ドラマ買い付け会社
クイズ番組の賞品提供で有名となった宝飾業界の老舗

現場社員や取引先そして
経営者本人の苦渋の証言、
及び、決算や登記簿などの資料から、
破綻に至った経営を多角的に読み解いた。

「会社を潰した社長の独白」を別途掲載。


【主な内容】
第1章 急成長には落とし穴がある
■ 破綻の定石1 脚光を浴びるも、内実が伴わない
■ 破綻の定石2 幸運なヒットが、災いを呼ぶ
■ 破綻の定石3 攻めの投資でつまずく

【COLUMN】倒産の定義と現況

第2章 ビジネスモデルが陳腐化したときの分かれ道
■ 破綻の定石4 世代交代できず、老舗が力尽きる
■ 破綻の定石5 起死回生を狙った一手が、仇に
■ 破綻の定石6 負の遺産が、挽回の足かせに
■ 破綻の定石7 危機対応が後手に回る

【MESSAGE】会社を潰した社長の独白(1)

第3章 リスク管理の甘さはいつでも命取りになる
■ 破綻の定石8 売れてもキャッシュが残らない
■ 破綻の定石9 1社依存の恐ろしさ
■ 破綻の定石10 現場を統率しきれない
■ 破綻の定石11 ある日突然、謎の紳士が……

【MESSAGE】会社を潰した社長の独白(2)


日経トップリーダー[ニッケイトップリーダー]
編集

帝国データバンク[テイコクデータバンク]
著・文・その他

東京商工リサーチ[トウキョウショウコウリサーチ]
著・文・その他

内容説明

苦渋の証言から読み解く破綻企業の敗因。大ベストセラー誕生から始まった経営者の迷走。大手に真っ向勝負を挑んだ新工場、過剰投資に終わる。取材殺到するも内実は…。資金ショートに沈んだベンチャー。人を育てずFC展開、爆走の末に散った人気チェーン。ビジネスモデルも社員も刻々と老化、力尽きた老舗宝飾店。―こうするよりほかなかったのか?

目次

第1章 急成長には落とし穴がある(脚光を浴びるも、内実が伴わない;幸運なヒットが、災いを呼ぶ;攻めの投資でつまずく)
第2章 ビジネスモデルが陳腐化したときの分かれ道(世代交代できず、老舗が力尽きる;起死回生を狙った一手が、仇に;負の遺産が、挽回の足かせに ほか)
第3章 リスク管理の甘さはいつでも命取りになる(売れてもキャッシュが残らない;1社依存の恐ろしさ;現場を統率しきれない ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

114
図書館本。偶然売れたり、隙間産業だったり、老舗だったりと会社は様々。だが会社を倒産迄にするのは経営者の判断ミス。設備投資など身の丈に合わない判断は確実に会社を蝕んで行く。著者の客観的な後追い原因論が否めないが倒産のセオリーとして頭の片隅には入れときたい。2018/12/22

Willie the Wildcat

71
多種多様な業界・業種の中堅・中小企業の事例。相対的に感じるのは、「経営のBottomがあっての成長」という当然の哲学。定量面が定性面に影響する感。前者が”数字”、後者が信頼。”数字”に疎い、蔑ろにしている姿勢に正直唖然。結果、関係者の信頼を失い崩壊。砂上の楼閣、という感。事例には、黒字企業も 含まれているのも興味深い。業界や規模に関係ない学び。一方、中堅・中小という規模故、経営者の胆力が左右する面が大きい。なおコラムは、何気に興味を引く”現実”が印象的。ビジネスに奇跡は無いのは明らか也。2018/10/01

もりやまたけよし

67
倒産記事のダイジェスト版。倒産例はパターン化することはできるが、成功例は難しいという。確かに実感として、従業員が逃げ出すとか、社内闘争とか倒産する会社は共通の特徴がありますね。2018/10/15

R

58
様々な倒産事例を収録した本でした。読めば、なるほどという理由が多く、財務の大切さ、それを理解できないトップが暴走するという図式の多さに驚く。非常にためになる事例が多い中で、異色の内容も含まれていて、謎の男がやってきて会社を食い物にして終わるとか、経済小説さながらの事例なんかもあって非常に面白い一冊でした。避けられない理由もあるように感じるが、そこを乗り切るのが経営者というものなんだろう。2018/12/27

ユウユウ

33
話題の本なので手にとってみて、それぞれの事例の図解の部分だけパラパラと。規模の広げすぎや、内部離反などが問題の端緒となることが多いようで、単なる中小企業の経営についてだけではなく、色々なことに共通する観点と捉えられるように思いました。2019/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13043327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。