クレイジーで行こう!―グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む

電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

クレイジーで行こう!―グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822289584
  • NDC分類 518.1
  • Cコード C0034

出版社内容情報

朽ちゆく全米の水道管は、僕たちが守る!
単身渡米したサムライ起業家、情熱の「1000日戦記」

ロボットベンチャーをグーグルに売り、世界の注目を集めた男、加藤崇。彼は今、アメリカで新たな勝負に挑んでいる。戦場は「水道管」。老朽化が深刻なインフラ保全は急務で、市場規模は100兆円。単身渡米した熱き日本人経営者は、何を目指し、何に悩み、何を試み、走り続けたのか。本書はその3年間の記録である。
■世界と戦うには、クレイジーくらいがちょうどいい。

――「生活に必要なものは全て揃ってしまった」「イノベーションを起こすことは難しい」。そういう声をたくさん聞くが、嘘っぱちだ。

――もともと情熱のない人たちに火を点けてまわってもダメだ。どこかに存在する、変わった人たち、情熱のある人たちを探すんだ。

――僕たちの会社には何のルールもない。世界最大の問題の一つを解く。解けたら新しい問題を解く。それが楽しいから会社に来る。エンジニアもマーケティング担当も、朝9時頃に来るのは強制だからじゃない。多くの同志と会うことができて、便利だからだ。

――僕たちは大企業がやらないこと、絶対にやれないことをやる。スピードと柔軟性を併せ持ち、曖昧さと複雑さの中を走り抜ける。形式ではなく本質を見つめ、出世や建前ではなく、仲間と信用を大切にする。僕たちの挑戦は、宣戦布告だ。

2016年
4月  僕はアメリカに「日本の旗」を立てに来た
5月  時速100キロで壁にぶつかろう
6月  「アメリカで人を雇うこと」のリアル
7月  ルービックキューブ的アプローチ
8月  僕が部下のメールを添削する理由
9月  地中の水道管に腕を突っ込め
10月  「シリコンバレーの勝者」の流儀
11月  ヒューストン撤退を決断
12月  親孝行以上に大切な仕事など、存在しない
2017年
1月  スキル? 肩書? 要りません
2月  世界を変えるジェットコースターに乗れ
3月  高倉健さんの喝に背中を押され
4月  引越しは成長の素
6月  さあ、自分の未来を買おう
7月  「曖昧さへの耐性」を楽しむ
8月  スタンフォードの表彰を、母の遺影に
9月  「世界最大」を攻略せよ
10月  「小さき6000社の味方」になる
11月  目指しているのは「平均」じゃない
12月  水漏れ検査×信頼=最強の提携へ
2018年
1月  根無し草のクレイジーたちが世の中を変える
2月  さらに成長するには、この痛みが必要だ
3月  日本企業のサムライたちよ、気づいてくれ
4月  「世界2位の革新的企業」に選ばれた!
5月  CEOの「やる気」はどこから生まれるか
5月31日 栗田工業と「サムライ連合」結成!
6月  ちょっと待てよ、これは全然ゴールじゃない
あとがき

加藤 崇[カトウタカシ]
著・文・その他

内容説明

ロボットベンチャーをグーグルに売り、世界の注目を集めた男、加藤崇。彼は今、アメリカで新たな勝負に挑んでいる。戦場は「水道管」。老朽化が深刻なインフラ保全は急務で、市場規模は100兆円。単身渡米した熱き日本人経営者は、何を目指し、何に悩み、何を試み、走り続けたのか。本書はその3年間の記録である。

目次

2016年(4月 僕はアメリカに「日本の旗」を立てに来た;5月 時速100キロで壁にぶつかろう;6月 「アメリカで人を雇うこと」のリアル ほか)
2017年(1月 スキル?肩書?要りません;2月 世界を変えるジェットコースターに乗れ;3月 高倉健さんの喝に背中を押され ほか)
2018年(1月 根無し草のクレイジーたちが世の中を変える;2月 さらに成長するには、この痛みが必要だ;3月 日本企業のサムライたちよ、気づいてくれ ほか)

著者等紹介

加藤崇[カトウタカシ]
1978年生まれ。早稲田大学理工学部(応用物理学科)卒業。元スタンフォード大学客員研究員。東京三菱銀行等を経て、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTの共同創業者(兼取締役CFO)。2013年11月、同社を米国Google本社に売却し、世界の注目を集めた。2015年6月、人工知能により水道配管の更新投資を最適化するソフトウェア開発会社(現在のFracta,Inc.)を米国シリコンバレーで創業し、CEOに就任。2018年5月に株式の過半を栗田工業株式会社に売却し、現在も同社CEO。現在、米国カリフォルニア州メンローパーク在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

14
成功したベンチャー起業家の体質が充満している本だった。このくらい前のめりでポジティブ思考の人でなければ成功できない世界なのだろうなと想像することしかできないが、逆にいうと、このくらい凄い日本人ならアメリカでも成功することができるということか。国籍を問わず同類の仲間や賛同者を増やして成果を積み上げていく過程は痛快だが「次の休みは何をしようかな?」などと考えているサラリーマンには余計に無縁な世界に思えた。なお、なぜ成功したヒト型ロボットから水道管の点検ロボット作りに向かうのか?誰もやっていないから?それだけ?2019/05/26

zel

9
Googleに ロボットベンチャーschaftを売却した加藤崇氏がアメリカで水道管の老朽化を解決する会社を立ち上げる。3年の記録。ベンチャーに必要なもの、ビジョン、仲間、情熱か。とにかく走る、とにかく熱くといったかんじか。加藤さん、正しく伝わるよう文章はこだわっているとのこと。自分もがんばらなきゃな。1978年生まれ。すごいなーと。2020/03/08

スプリント

5
日本的ではなくアメリカ的なベンチャー企業の創業とその理想的な行く末を知るには最適な内容です。2019/05/05

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/11/30

くさかんむり

2
水道管劣化予測AI「フラクタ」が誕生する背景から実際に軌道に乗るまでを、日記形式で記している。著者と周囲の人たちの熱い志の話。ロボットから機械学習へ、石油からガスそして水道へと、やってきたことに固執せず方針転換する(できる)のがベンチャーの強みだろう。「やりたいことがありすぎて、おかしな社会問題がありすぎて、解決が追いつかない。」仕事の本質を改めて考えるきっかけとなる。2020/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13412069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。