2040年の未来予測

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

2040年の未来予測

  • ウェブストアに217冊在庫がございます。(2022年05月23日 23時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822288907
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

内容説明

知っている人だけが悲劇を避けられる。あなたの20年後に関係あることを全部出しました!年金/社会保険/医療費/ベーシックインカム/資産形成/MMT/5G/空飛ぶクルマ/監視カメラ/ゲノム編集技術/核融合/温暖化/南海トラフ/首都直下型地震。

目次

#01 テクノロジーの進歩だけが未来を明るくする(たった100年前から信じられないほど世界は変わっている;新しいテクノロジーが登場したとき、人間はその普及に反対する ほか)
#02 あなたの不幸に直結する未来の経済―年金、税金、医療費(2040年の日本は老人ばかり;老人が増え、それを支える若者が減る ほか)
#03 衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける(衣食住の未来は、短期的にコロコロ変わる;不測の未来を予測する力をつけよう ほか)
#04 天災は必ず起こる(このまま温暖化がすすむと、飢餓に満ちた世界が必ずくる;まず自分のいる場所がどんな水域か知っておくべき ほか)

著者等紹介

成毛眞[ナルケマコト]
1955年北海道生まれ。元日本マイクロソフト代表取締役社長。1986年マイクロソフト株式会社入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。現在は、書評サイト「HONZ」代表も務める。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

135
まあまあおもしろかった。元マイクロソフト日本法人の社長で、書評サイト運営会社を経営する著者が、テクノロジーや年金、ライフスタイル、災害などが2040年に向けてどのようになっていくかを予測する一冊。とにかく日本にはあまり明るい未来が見えないけれど、それはマクロ的視点で考えるからで、本書の最後の最後に著者が述べているように、個人レベルで考えていれば実はけっこうどうにかになりそうな感じ。サラッと読める。2021/03/04

ちびbookworm

121
総評★3.5〜4.audible.まず、「はじめに」と「1章」で、読者に未来の景色を見せる前に、過去のある一点から想像させるのが面白い。即ち、2008年のiphone登場以前と以後の景色だ。◆本書がカバーする未来予測は、テクノロジー、経済、天災、衣食住等と広い。が、個人的には、1章のテクノロジーが◎(★4.5)不案内な人にもわかりやすく説明してくれる。実証実験等が始まっている情報の束をひとまとめで知れるのは◎他の章はどこでも手に入る情報(★3)。◆ビジネスやライフスタイルの今後を考えるには良書。2021/09/22

まちゃ

105
特に奇抜な内容はなく、将来に高い確率で起こるであろうことが書かれている。その分、目を逸らしたくなる不都合な真実と感じることについても述べられている。2040年の日本の総人口は1億1000万人、65歳以上の高齢者は3900万人、3人に1人以上が老人。貧しくなる日本の社会問題の解決にはテクノロジーの活用が欠かせない。その通りだと思います。 悲観的になり過ぎることなく、未来を考えられる力をつけて、環境の変化に適応していきたいものです。2021/02/20

速読おやじ

98
無駄なテキストがなく、重要なメッセージだらけの本。テクノロジーで少し明るい未来を示唆しつつ、特に最終章では自然災害で最悪シナリオを滔々と語るところは上手い書き方だ。あとがきで老人(著者は65歳)の言うことをそのまま信じなくても良いが、困難な未来は回避できない。アドバイスとして国を忘れて幸せな人生を歩むべく全力を尽くせと。そして、そうは書いてないが、結局それが国が富むことに繋がるのではないか。第一章は勇気づけられる。6Gと低遅延、バーチャル、自動運転、空飛ぶクルマ、AI、再生医療、ゲノム編集、全固体電池!2021/02/25

KAZOO

97
日本の将来についてわかりやすくしかもあらゆる分野について書かれています。あまりマスコミではこのようなことを断片的に入ったりしますが、まとめて読むとかなり面白い状況だと思います。技術などは「ITナビゲーター」や「ITロードマップ」の方が詳しいのですがこれだけわかりやすく書かれているとさらっと読めてしまいます。5G,6Gなどもわかります。マイナンバーなどももう少し皆さんがカードなどを持ってほしいと思います。2022/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17252824

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。