インターネット・セキュリティとは何か―暗号、認証、ウイルス、セキュア通信からセキュリティ・ポリシーまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 445p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784822281243
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

目次

第1章 インターネット・セキュリティの考え方
第2章 暗号化―すべてのセキュリティの基本
第3章 電子認証とハードウエア・トークン
第4章 ウイルス・チェック
第5章 インターネットの特殊性と法律・契約
第6章 セキュリティ・ポリシー
第7章 セキュア通信
第8章 認証機関

出版社内容情報

第1章 インターネット・セキュリティの考え方
 1.1 インターネット上にいるということ
 1.2 インターネット上の脅威
 1.3 被害のかたち
 1.4 インターネット・セキュリティの実現
 1.5 ルールによるセキュリティの補強
 1.6 セキュリティの本質
第2章 暗号化--すべてのセキュリティの基本
 2.1 暗号とは
 2.2 暗号の種類と規格
 2.3 公開鍵暗号方式の仕組み
 2.4 鍵管理
 2.5 暗号解読
 2.6 暗号製品をとりまく諸問題
第3章 電子認証とハードウエア・トークン
 3.1 電子認証とは
 3.2 認証のレベルと実現方法
 3.3 電子署名法でいう認証
 3.4 ハードウエア・トークン
第4章 ウィルス・チェック
 4.1 コンピュータ・ウィルスとは
 4.2 ウィルス被害の形
 4.3 ウィルスの現状
 4.4 ウィルス対策
 4.5 cookieやCPU番号による個人情報の流出
第5章 インターネットの特殊性と法律・契約
 5.1 インターネットの世界での法律
 5.2 インターネットの特殊性
 5.3 インターネットでの契約
第6章 セキュリティ・ポリシー
 6.1 セキュリティ・ポリシーの必要性
 6.2 セキュリティ・ポリシーのすがた
 6.3 セキュリティ・ポリシーの策定
 6.4 セキュリティ・ポリシーの運用
第7章 セキュア通信
 7.1 セキュアなプロトコル
 7.2 セキュアなインターネットの仕組み
 7.3 インターネット・セキュリティ構築の実例
 7.4 セキュリティ診断
第8章 認証機関
 8.1 認証機関とは
 8.2 認証機関の認証構造
 8.3 認証機関の各コンポーネント
 8.4 商用の認証機関