経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 18時39分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 469p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784822279462
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C0030

内容説明

なぜ、わが社は「何億円もの失敗」より「タクシー代」にうるさいのか?16本の「論文」と12冊の「本」をビジネススクール教授と読んで「気づく力」を鍛える。

目次

第1部 書籍篇(なぜわが社は「何億円もの失敗」より「タクシー代」にうるさいのか?;攻撃は最大の防御;「満足度調査で5点満点中4・5点」ではイマイチな理由;人材教育における「教」と「育」の本質的違い;部下を「指導」してつぶしていないか?;40年前に語られた日本のグローバル化の課題;リーダーシップは自分の中にしかない;「自分で気づく」から自分を変えられる)
第2部 論文篇(あなたの会社が理不尽な理由―組織の不合理さを説明する「制度派理論」;「正しい」からではなく「interesting」だから心に残る―大学教授必読の論文「That’s Interesting!」;「戦略バカ」で日本に負けた欧米企業―MBAの古典的論文「ストラテジック・インテント」;「ワクワクするビジョン」のパラドックス―経営とはジレンマへの挑戦;意思決定のスピードを決める意外な要因―シリコンバレー企業の勝因と敗因;「分析」で人間組織は動かない―ポーター理論への痛烈なアンチテーゼ;「知識」がないから失敗するのではない―失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」;50年前のアメリカ企業の失敗の轍をより深く踏む日本企業―「グローバル・マインドセット」とは何か;いまどき5年計画をつくっているのは旧ソ連くらい?―不確実性に対する「リーン・スタートアップ」という考え方;そもそも「取締役」ってなんだろう?―コーポレートガバナンスの本質を考える;なぜ愛は急に失われるのか?―本来ポジティブなのにネガティブにひかれる人間の性;インドで考えた組織的コミュニケーション―国際化、IT化が迫る原点の再考)

著者等紹介

清水勝彦[シミズカツヒコ]
慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授。東京大学法学部卒業。ダートマス大学エイモス・タックスクール経営学修士(MBA)、テキサスA&M大学経営学博士(Ph.D.)。戦略系コンサルティング会社のコーポレイトディレクションで10年間の戦略コンサルティング経験のあと、研究者に。専門分野は、経営戦略立案・実行とそれに伴う意思決定、M&A、戦略評価と組織学習。テキサス大学サンアントニオ校准教授(2000~2010年、テニュア取得)を経て、2010年4月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

16本の「論文」と12冊の「本」を
ビジネススクール教授と読んで「気づく力」を鍛える16本の「論文」と12冊の「本」を
ビジネススクール教授と読んで「気づく力」を鍛える

「うちの会社の会議では、何億円もの失敗や投資より、お茶菓子代やタクシー代の議論に時間をかけるのはなぜだろう?」
「うちの上司は部下に言うことと自分でやっていることが全然違う。なんて理不尽な会社なんだ」――。
経済合理性を追及するはずの会社で、このような理不尽なことが起きるのはなぜでしょうか?
この疑問に、ビジネス書から小説まで幅広いジャンルの書籍と、経営学の必読論文を取り上げ、経営学者の視点で分かりやすくこたえていくのが本書です。
本書では、誰もが手に取ったことのある本や、MBAの学生なら誰もが読む論文を取り上げていますが、単なる読書案内や論文解説ではありません。
例えば小説を経営学者の視点で読み、現実の経営課題に役立つヒントを探っていきます。
本書で著者が指摘するのは、経営課題を前に、何か「よさそうな答え」を求めようとする発想が、かえって組織の停滞を招いているということです。
「MBAは役に立つのか?」「経営学は実際の経営に本当に役立つのか?」という問いかけにも、こういった「答え」を求める発想が根底にあると言います。
企業をはじめとした組織が先へ進み、成長し続けるためには、「答え」より先に、現実の課題をきちんと認識することが重要で、
言い換えれば「へんだぞ」に気づく「視点」を持つことがイノベーションの根源だと、筆者は強調します。
経営学の視点で本を読み、目の前にある仕事の課題を見つめ直す訓練をすることで、これまで見えなかった経営の「気づき」が得られます。
本書は、組織のリーダーはじめ、ビジネスパーソン全般にとって、課題解決のために必要な「気づく力」を鍛えるための必読書です。

まえがき

◆第1部 書籍篇
【第1章】 なぜわが社は「何億円もの失敗」より「タクシー代」にうるさいのか? ?『パーキンソンの法則』C.N.パーキンソン著
【第2章】 攻撃は最大の防御 ?『Yコンビネーター』ランダル・ストロス著
【第3章】 「満足度調査で5点満点中4・5点」ではイマイチな理由 ?『データはウソをつく』谷岡一郎著
【第4章】 人材教育における「教」と「育」の本質的違い ?『ものづくり道』『石橋を叩けば渡れない』西堀榮三郎著
【第5章】 部下を「指導」してつぶしていないか? ?『心理療法序説』『カウンセリングを語る』河合隼雄著
【第6章】 40年前に語られた日本のグローバル化の課題 ?『適応の条件』中根千枝著
【第7章】 リーダーシップは自分の中にしかない ?『リーダーは自然体』増田弥生/金井壽宏共著
【第8章】 「自分で気づく」から自分を変えられる ?『負けかたの極意』『そなえ』野村克也著

◆第2部 論文篇
【第1章】 あなたの会社が理不尽な理由 ?組織の不合理さを説明する「制度派理論」
【第2章】 「正しい」からではなく「interesting」だから心に残る ?大学教授必読の論文「That's Interesting!」
【第3章】 「戦略バカ」で日本に負けた欧米企業 ?MBAの古典的論文「ストラテジック・インテント」
【第4章】 「ワクワクするビジョン」のパラドックス ?経営とはジレンマへの挑戦
【第5章】 意思決定のスピードを決める意外な要因 ?シリコンバレー企業の勝因と敗因
【第6章】 「分析」で人間組織は動かない ?ポーター理論への痛烈なアンチテーゼ
【第7章】 「知識」がないから失敗するのではない ?失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」
【第8章】 50年前のアメリカ企業の失敗の轍をより深く踏む日本企業 ?「グローバル・マインドセット」とは何か
【第9章】 いまどき5年計画をつくっているのは旧ソ連くらい? ?不確実性に対する「リーン・スタートアップ」という考え方
【第10章】 そもそも「取締役」ってなんだろう? ?コーポレートガバナンスの本質を考える
【第11章】 なぜ愛は急に失われるのか? ?本来ポジティブなのにネガティブにひかれる人間の性
【第12章】 インドで考えた組織的コミュニケーション ?国際化、IT化が迫る原点の再考

まとめにかえて
この本を読んで「行進したい気持ち」になりましたか?
『風の果て』藤沢周平著

清水 勝彦[シミズ カツヒコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件