知はいかにして「再発明」されたか―アレクサンドリア図書館からインターネットまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822248253
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C3022

内容説明

図書館、修道院、大学、実験室、そしてグーグル…すべては知識を組織化するために生まれた。

目次

第1章 図書館―紀元前三世紀~西暦五世紀
第2章 修道院―一〇〇年~一一〇〇年
第3章 大学―一一〇〇年~一五〇〇年
第4章 文字の共和国―一五〇〇年~一八〇〇年
第5章 専門分野―一七〇〇年~一九〇〇年
第6章 実験室―一七七〇年~一九七〇年
結論 そしてインターネットへ

著者等紹介

マクニーリー,イアン・F.[マクニーリー,イアンF.][McNeely,Ian F.]
オレゴン大学歴史学部で歴史を教える。娘とともにユージンに住む。ハーバード大学のジュニアフェローでの研究をもとに『知はいかにして「再発明」されたか―アレクサンドリア図書館からインターネットまで』を執筆

ウルヴァートン,ライザ[ウルヴァートン,ライザ][Wolverton,Lisa]
オレゴン大学歴史学部で歴史を教える。娘とともにユージンに住む。ハーバード大学のジュニアフェローでの研究をもとに『知はいかにして「再発明」されたか―アレクサンドリア図書館からインターネットまで』を執筆

冨永星[トミナガホシ]
京都生まれ。京都大学理学部数理科学系を卒業。国立国会図書館司書、自由の森学園教員などを経て、現在は一般向け数学啓蒙書、児童文学などの翻訳、紹介に従事

長谷川一[ハセガワハジメ]
明治学院大学文学部准教授。1966年、名古屋生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。専門はメディア論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。