経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点―教養としてのバブル熱狂と閉塞感の裏側

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点―教養としてのバブル熱狂と閉塞感の裏側

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 08時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822237387
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

今を正しく理解するため過去の転換点を深く知る。バブル経済、デフレ、人口減少社会…。ビジネスの現場でよく使うわりには深く知らないキーワード。学校で体系的に教わらない知識の盲点です。教養として知らないと恥ずかしいだけではありません。日本経済の過去への理解が浅ければ現状認識を誤り、仕事の成否に関わります。そんな11のキーワードをテーマ別年表と豊富な図説とともに、歴史の転換点を探りつつ整理します。

目次

1 バブル経済
2 デフレ
3 人口減少
4 日米経済摩擦
5 日本型経営
6 一極集中
7 財政赤字
8 社会保険料の増大
9 貯蓄から投資へ
10 政治とカネ
11 日韓関係

著者紹介

田村賢司[タムラケンジ]
日経ビジネス主任編集委員/日経トップリーダー主任編集委員。1981年大学卒業後、全国紙を経て88年に日経マグロウヒル(現・日経BP社)入社。日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員、13年から同誌主任編集委員。15年から日経トップリーダー主任編集委員を兼務。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

今の日本経済を正しく理解するために
過去の「転換点」を深く知る――
「日経ビジネス」の人気連載、待望の書籍化!

バブル経済、デフレ、人口減少・・・。
ビジネスの現場でよく使われるわりには深く知らない経済のキーワード。
学校で体系的に教わらない知識の盲点です。

教養として知らないと恥ずかしいだけではありません。
過去への理解が浅ければ、現状認識を誤り、仕事の成否に関わります。
本書では、そんな11のキーワードを歴史の転換点を探りつつ整理します。

【本書の特長】
(1)「テーマ別年表」
 11のキーワードすべてにテーマ別年表を用意。重点的に知りたい分野の流れを追うことができます。
(2)「図表」を豊富に用意
 地価や賃金などの推移のデータから、立体的に理解を深められます。
(3)「歴史の転換点」をしっかり明示
 アジア通貨危機と日本の賃金低下の関係など、断片的になりがちな知識の因果関係をクリアにします。
(4)各章に「ポイント」
 各章の冒頭で、要点を箇条書きにまとめました。

【主な内容】
 ● バブル経済・・・元日銀理事は、今も苦悩する
 ● デフレ・・・20年間で、日本人の賃金は平均14%下がった
 ● 人口減少・・・「少子化」の“初観測”は1992年
 ● 日米経済摩擦・・・繊維は生き残り、半導体は撃沈した
 ● 日本型経営・・・松下電器元社長は、香港の倉庫で驚嘆した  ほか