看取りの技術―平方流上手な最期の迎えさせ方

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

看取りの技術―平方流上手な最期の迎えさせ方

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年02月20日 21時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784822200091
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C3047

内容説明

1500人以上を看取ってきた緩和ケア医が患者さん・家族をより良い死へと導くための技を伝授。納得いく看取りケア、それは「老衰に近づける」こと。「多死時代」死と向き合うすべての医療者へ。

目次

第1章 なぜ今、看護りの技術が必要なのか(多死社会がやって来る;「理不尽な死」を減らすために;看取りに関わる医療者の7つの心得)
第2章 がん患者の看取りは「老衰」を目指そう(理想的な死に方「老衰」を考える;老衰と異なる経過で死に至る4つのパターン;看取りの手順―私の工夫)
第3章 こんなとき、私はこう対応している―納得できる説明の工夫(「悪い知らせ」の伝え方;「老衰」を阻むつらい訴えに対応する;患者・家族の悩みや質問にどう答える?)
巻末付録―病状と今後の見直しを説明する(「面談票」の記載例)

著者等紹介

平方眞[ヒラカタマコト]
愛和病院(長野市)副院長。1990年山梨医科大学(現・山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、94年に諏訪中央病院(長野県茅野市)に着任。訪問を中心にがん患者に対する緩和ケアを開始し、98年7月、緩和ケア病棟の新設に合わせて緩和ケア担当医長に就任。2009年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

患者に納得いく最期を迎えてもらうための“平方流”看取り方を公開。終末期ケアに自信のない医療者必読の書。

患者に納得いく最期を迎えてもらうための"平方流"看取り方を公開
患者の死に関わるすべての医療従事者必読の書

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める平方眞氏。緩和医療に従事するようになってから20年の間に、1500人以上の患者を看取ってきた。
その多くは癌患者だが、基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、平方氏の診療スタンス。癌であれば苦痛症状をできるだけ緩和させつつ、大往生を目指すというものだ。

それには、症状緩和のための知識・技術はもちろんのこと、患者・家族を安心・納得・満足させるためのコミュニケーション技術が欠かせない。

本書では、迫り来る「多死社会」を意味あるものにするため、患者を「より良く看取る」ための技と心得を、終末期医療に携わるすべての医療者に向けて伝授する。

第1章 なぜ今、看取りの技術が必要なのか
1. 多死社会がやって来る

2. 「理不尽な死」を減らすために
[コラム] アドバンス・ケア・プランニングとは?

3. 看取りに関わる医療者の7つの心得
(1) 死から逃げない
(2) コミュニケーション能力を養う.
(3) 強力なお膳立てをさりげなく
(4) 予後予測の方法を知っておく
[コラム] 予測不能な人間の不思議な「力」
(5) 最初の面談こそ丁寧に
(6) 良い説明は事前準備から
(7) 患者の「最後の希望」を叶える配慮を
[コラム] 面談票の書き方の工夫

第2章 がん患者の看取りは「老衰」を目指そう
1. 理想的な死に方「老衰」を考える

2. 老衰と異なる経過で死に至る4つのパターン
(1) 肝不全が出現する場合
(2) 呼吸困難が出現する場合
(3) 出血を来す場合
(4) 頭蓋内病変を伴う場合
[コラム] 急変時の家族への対応は

3. 看取りの手順 ~私の工夫~

第3章 こんなとき、私はこう対応している ~納得できる説明の工夫~
1. 「悪い知らせ」の伝え方
[コラム] がんの病名告知には細心の配慮を

2. 「老衰」を阻むつらい訴えに対応する
(1) 疼痛.115
(2) 全身倦怠感
(3) 呼吸困難
(4) 食欲不振
(5) 悪心・嘔吐
(6) 腹水
(7) 消化管閉塞
(8) せん妄
(9) 肝性脳症による意識障害.
[コラム] インフォームドコンセントの落とし穴

3. 患者・家族の悩みや質問にどう答える?
● 患者の不安を和らげ望みに応える
 「治療がうまくいかず、全て裏目に出てしまった」
 「抗がん剤はやらない方がよいのか?」
 「私はもう長くないのですね」
 「これまでできたことができなくなってきて、悔しい」
 「もう十分生きたから、そろそろ死なせてほしい」
 「最期は自宅で過ごしたい」
● 家族の不安や悲嘆に対応する
 「こんなに痩せてしまって、かわいそうだ」
 「私たちがいても、いるだけで何もできない」
 「順番が違う。私が先に死ぬべきなのに」
 「こんなみじめな状態で生きているのは
  本人も望んでいなかった」
 「どうしてこんな状態なのに入院させないのか」
 「皆でついていたのに、なぜ最期を
  看取れなかったのか」
 「亡くなったのに何かホッとしている」

巻末付録 ~病状と今後の見通しを説明する~
「面談票」の記載例