ぶんか社文庫
空想刑事読本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784821150076
  • NDC分類 778.8
  • Cコード C0195

内容説明

容疑者・室井慎次は、隠密捜査官!?ブルース刑事に浮かび上がる灰色昇任疑惑!?ドラマに登場する名刑事達の設定・行動を社会科学(警察統計・刑法・刑事訴訟法など)で分析してみてわかった、空想刑事達のあまりにも意外な真実とは!?現職刑事も抱腹絶倒した、ありそうでなかった刑事ドラマ本。この一冊で、テレビの見方が大きく変わる。

目次

序章 空想刑事たちの華麗なる世界
第1章 空想刑事の二大スター「踊る大捜査線」と「太陽にほえろ!」(キャリアの経歴―交渉人・真下正義警視の不遇な人事。キャリアとしての前途は極めて多難!;刑事とキャリア―『踊る大捜査線』の室井警視は、長官狙撃事件を追っていた!? ほか)
第2章 空想刑事は現実世界で活躍できるか?(刑事の住宅事情―ボスも実は独身寮の住人。刑事に“ひとり暮らし”はない!;刑事の金銭事情―ブランド物スーツを着こなす洒脱な『あぶない刑事』。実家は資産家だ! ほか)
第3章 空想刑事のあぶなすぎる捜査方法!(刑事の出張―旅行好き(?)の十津川警部。出張費用は都民の血税だ!
刑事の聞き込み―殴って蹴って脅かして…。『あぶない刑事』は懲戒免職になる! ほか)

著者等紹介

斉藤直隆[サイトウナオタカ]
1968年熊本市出身。雑誌編集者を経てフリーライターに。おもに警察・法律関係が守備範囲(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bitotakeshi

1
空想科学読本の警察版。刑事ドラマの矛盾を突きながら、実際の警察はどのように捜査を行っているのか、組織内部の関係はどうなっているのか等わかりやすく解説がされている。刑事ドラマ好きは勿論、警察官を目指している人なんかが読んでも勉強になると思う。2016/06/16

Kazuyuki Kuroki

0
刑事警察の仕組みがよく分かる。だが、機構改革があり、官房や生活安全部などが出来ているので、記述がやや古い。最新の機構に対応した良い本があるといいのだが。2016/11/24

patapon

0
子どもの頃は2時間ドラマが大好きで、学生になってからはミステリ好きで、でも警察組織のことはよく分からないまま。この本で扱ってる刑事ドラマは新しいもので「踊る大捜査線」なのでやや古いのですが、ドラマへのツッコミが目からうろこでした。刑事ドラマを見るのが楽しくなりそうです。2014/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1351995
  • ご注意事項