天皇の平和 九条の平和―安倍時代の論点

個数:

天皇の平和 九条の平和―安倍時代の論点

  • ウェブストアに122冊在庫がございます。(2017年10月17日 22時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784819113182
  • NDC分類 302.1
  • Cコード C0095

内容説明

日本固有の平和精神と憲法九条の平和主義は何の関係もない。内外激動のいま、日本にとって平和とは何か。『約束の日』で総理を描いた著者がその時代を展望。

目次

第1部 譲位と国体(私の「帝室論」―天皇陛下の御言葉を読む;戦後と天皇―GHQ遺制を生きる皇室 ほか)
第2部 安倍時代(全体主義化の危機に―日本の自由はなぜ守られてきたか;長期トレンドとしての安倍政治―政党政治が空洞化している ほか)
第3部 歴史と政治(「侵略」という言葉が議論を封じる―世界史の中のあの戦争;総理を恫喝した「学問」―学徒七十四名の政治文書 ほか)
第4部 「日本」逃避(私は『文藝春秋』を取り戻したい―日本の「生き方」;吉永小百合さんへの手紙―日本に依存して日本を破壊 ほか)

著者紹介

小川榮太郎[オガワエイタロウ]
昭和42年生まれ。文藝評論家。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件