アダム・スミスの影

個数:
  • ポイントキャンペーン

アダム・スミスの影

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784818824737
  • NDC分類 331.42
  • Cコード C3033

内容説明

「経済学の父」アダム・スミスは、もっとも誤解され利用されてきた経済学者でもある。「市場原理主義」ではないスミスの真の姿をとおして、現代経済学への含意を考える。

目次

第1章 「見えざる手」の魔力(フリードマンのアダム・スミス賛の再検討;「見えざる手」の独り歩き ほか)
第2章 「古典派」の多義性(「古典派」と「セイの法則」;「自由放任」とは何か ほか)
第3章 経済的自由主義の歩み(ケインズ「自由放任の終焉」をめぐる誤解;「リベラル」の意味の変化 ほか)
第4章 独占を擁護するシカゴ学派(スミスの「独占精神」への批判;産業組織論におけるハーヴァード学派vsシカゴ学派 ほか)

著者紹介

根井雅弘[ネイマサヒロ]
京都大学大学院経済学研究科教授。1962年宮崎県生まれ。1990年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。同年4月京都大学経済学部助教授を経て、2000年4月より現職。専攻は経済学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)