近代日本とイギリス思想

個数:

近代日本とイギリス思想

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784818808201
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C3021

内容説明

日本はどこまでイギリスを理解したか。幕末から現代までの日本の近代化の歩みのなかで政治・経済・文化にさまざまな影響を与えたイギリス思想を日本人はどのように受けとめたか。

目次

イギリス留学生・お雇い外国人
福沢諭吉とJ・S・ミル『婦人の隷従』
田口卯吉とイギリス
西欧公債思想のわが国への導入と普及
明治初期におけるイギリス小説の翻訳
柳宗悦と英国中世主義
上田貞次郎の経済思想
近代日本常用労働者像に関する覚え書
フリーダ・アトリーと名和統一
グラッドストンと永井柳太郎