やれば儲かるTQM―継続的改善が利益を生む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 165p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784817103406
  • NDC分類 509.66
  • Cコード C2034

内容説明

TQM(総合的品質管理)とは、顧客が要求している品質・サービスについて、良いものを、安く、早く、安全に、楽に作り出すために、全員参加でQC手法を使って継続的改善を行う経営手法のことである。しかし、TQMは大企業が行うもので、中堅・中小企業が取り組むには時間も資金も余裕もない、しかもTQMはわかりにくいという声も聞かれる。本書は、中堅企業の経営者として、これまでTQM、ISO9000、ISO14000、TPMなどの経営手法を実践して成果を上げた著者が、継続的改善と品質レベルアップをはかる方針管理のやり方をはじめ、問題解決能力と人材育成の方法からTQMとISO9000の効果的な進め方まで、品質とコストに着目して儲かるTQMのノウハウをわかりやすく実例をもとに語っている。

目次

第1章 改善があたり前の企業体質をつくる
第2章 経営ツールとしてのTQMの活用
第3章 継続的改善に必要な考え方と手法
第4章 「方針管理」による継続的改善
第5章 継続的改善で品質レベルアップ
第6章 問題解決能力のレベルアップ
第7章 QCサークルによる問題解決能力の向上
第8章 TQM、TPM、ISOの整合による効率化

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tokkun1002

8
?p82方針展開マトリクスp150TPM活動事例p152TQMとTPMの特徴p157TQM-TPM-ISO9000の整合pISO14001はTQMへ組み込む 2000年。2018/08/23

monterrey

0
製造業素人の落下傘社長だった時、特に第1章「改善が当たり前の企業体質をつくる」は大変参考になりました。2022/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2253247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。