面会謝絶だぁ―孤高の考古学者・原田大六

個数:

面会謝絶だぁ―孤高の考古学者・原田大六

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 151p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784816708107
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

伊都国の王墓とみられる平原遺跡を発掘し、のちに国宝となる国内最大の大鏡を掘り当てた男は、大胆な新説で数多くのファンの心をつかんだ一方、官学アカデミズムの重鎮、大御所の学者たちに激しくかみつき、数えきれぬほどの軋轢摩擦を生み出した。不器用に一途に、熱く古代ロマンを追い掛けた男の、あまりにもでこぼこした生の軌跡―。

目次

プロローグ「おれの話は、正座して聞け」
ケンカ大六「100万円、受け取れーっ!」
憲兵という原点「変節の早さは、猿芝居だ」
アルチザン「共同調査、できる人じゃない」
古代史一筋「あの人は“妻食主義”だった」
突き抜ける新説「原稿は挑戦状のようだった」
ベストセラー「本の内容、感想を言えーっ」
運命の遺跡「わたしは自分の目を疑った」
文化財自主管理「強権発動なら、また粉々にする」
エピローグ「おれは二百年、生きた」
寄稿 原田大六さんの考古学―ある事件の回顧
寄稿 原田大六さんの万葉集研究―『万葉集発掘』から『万葉集命』へ
聞き書き 夫・原田大六を語る

著者等紹介

藤田中[フジタアタル]
1958年、大分市生まれ。愛媛県立松山東高校、東北大学文学部西洋史学科を経て、西日本新聞社に入社。経済部、文化部、熊本総局、論説委員会(東京駐在)、社会部などを経て、現在文化部勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。