子どもの本に描かれたアジア・太平洋―近・現代につくられたイメージ

個数:
電子版価格 ¥2,419
  • 電書あり

子どもの本に描かれたアジア・太平洋―近・現代につくられたイメージ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784816607066
  • NDC分類 909.021
  • Cコード C3095

目次

第1章 巌谷小波の朝鮮観・中国観
第2章 台湾―近くて遠いところ
第3章 『亜細亜の曙』の反英米
第4章 ガンジーだけがインドなのか
第5章 “冒険ダン吉”の南洋
第6章 描かれた“支那”の子ども
第7章 日輪兵舎のまやかし
第8章 『真珠艦隊』という悲劇
第9章 第五期国定国語教科書の場合
第10章 『ビルマの竪琴』の二つの顔
第11章 漂流の物語―その系譜

著者等紹介

長谷川潮[ハセガワウシオ]
児童文学評論家。1936年、東京に生まれる。法政大学文学部卒業。ながらく大学図書館に勤務したが、現在は研究、評論、創作など児童文学全般にわたって活動している。なによりも人間の生命を大事にするという思想を根底におき、社会との関係に目を注いでいる。2006年、『児童文学のなかの障害者』(ぶどう社)で、日本児童文学者協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。