科学の社会史 - ルネサンスから20世紀まで (増訂版)

個数:

科学の社会史 - ルネサンスから20世紀まで (増訂版)

  • 古川安
  • 価格 ¥3,850(本体¥3,500)
  • 南窓社(2000/03発売)
  • ポイント 35pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784816502668
  • Cコード C0040

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

クロライナ

4
単純に科学理論や思想を追うだけでは社会との関係は分かりづらい。近代科学成立以降、科学と人間が共に歩んできた生きた歴史を学ぶのにはちょうど良い概説書。2015/11/22

田蛙澄

2
当初ベーコン的な技術としての科学をスローガンとしてイギリスやフランスにおいて王立協会やアカデミーが成立し、疎遠だった科学と技術が産業革命以後相互参照的に近付きつつ、ドイツにおいては学問の自由と言う技術や有用な科学とは異なる純粋な学問理念を掲げたベルリン大学などが現れたというのは面白い。その後19世紀後半から産業技術と科学が密接な関係を持つようになり、ナショナリズムの高揚とともに軍事研究にも国家の支援の下科学が関わり、大戦後には科学者自身にも有用性だけでなく、科学と技術の倫理性を考える必要が生まれたと知れた2018/11/01

ごんけ

0
特に大戦以降は科学者が倫理観をもち、以てはじめて科学”者”となったのではないか2012/12/16

オフィス派の宇宙図

0
巻末注みたらドーキンスが「ニューサイエンス」に分類されてたぜ、そりゃないだろう。ドーキンスぶち切れるぞ2012/08/02

ppp

0
科学の社会的、政治的一面は、デカルト以降の認識論からの視点とは基本的には異なる。当著作は前者の勉強のためにと思い手にとりましたが、期待に違わず分かりやすく概説的な科学社会史が述べられていました。2010/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/163939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。