放射線と放射能

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784816342554
  • NDC分類 429.4
  • Cコード C0042

内容説明

放射線や放射能は有害なもの、と思っている人は多いはず。しかし、レントゲンやCTスキャンなど、人の命を守る医療の現場では、すでに、なくてはならないものになっているのも、厳然とした事実です。また、とかく恐ろしいもの、との認識はあっても、ではどんなところが恐ろしいのかは、あまりに知られていません。そこで本書は、放射線と放射能の違いだけでなく、人体に害を及ぼす理由、放射線の種類とその特性、被害から効果的に身を守る方法など、これだけは知っておきたいことを、豊富な図を使って丁寧に詳しく解説しました。

目次

第1章 原子と原子核
第2章 放射線
第3章 放射線の種類と特性
第4章 放射能
第5章 放射線の生物への影響
第6章 放射線・放射能と人類

著者等紹介

安斎育郎[アンザイイクロウ]
立命館大学特命教授・名誉教授、同大学・国際平和ミュージアム館長。専門は平和学、放射線防護学。工学博士。国際平和博物館ネットワーク・諮問委員。南京国際平和研究所・名誉所長。ベトナム政府より「文化・情報事業功労者記章」受章。『語り伝えるヒロシマ・ナガサキ』(新日本出版社、第7回学校図書館出版賞)など多数。NHK人間講座や日本テレビの「世界一受けたい授業」などに出演。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などに放射能や核問題などのコメンテーターとして度々登場(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

空崎紅茶美術館

3
レポートの参考として。専門用語がぽっと出てくるので、私みたいな初学者には分かりにくい箇所がいくらかあった。2011/01/05

白義

2
放射線、放射能の基礎知識を幅広く、主に化学的知識中心に学べる入門書です。数式もよく出てきますが、数式のだいたいの意味も書いてるし図も豊富でイメージが掴みやすいです。今に関わる人体への影響については後半ですが、基礎は網羅。その現象に関連する科学者の名前もよく出てくるのが楽しいですね。放射線を正しく怖がるための、始めの一歩に2011/05/25

takao

1
ふむ2020/01/12

godon

0
体裁は入門書だけど内容は全く不親切。そこまで細かい項目に踏み込む必要があるのかという点にまで触れているのだけれど、各内容とも1ページずつしか割かれないので優しくない。突然微分方程式を解いたかと思うと、ネイピア数とは云々と説明始めたりして(微分方程式解ける人はネイピア数知ってるよ!)、読者がどれぐらいの知識を持っているかという想定がなされていない。入門書なのか、初学者向けの教科書なのか、どっちつかず。2012/10/20

mkisono

0
「雑学」という割には広い範囲をカバーしている いまどきこれくらい分かってた方がよさそうだ2011/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/145708

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。