派閥の中国政治―毛沢東から習近平まで

個数:

派閥の中国政治―毛沢東から習近平まで

  • ウェブストアに38冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 396p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815811310
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C3031

出版社内容情報

公式には存在を否認されながら、権力闘争や政策論争の展開を根本で規定してきた中国共産党の派閥集団。その隠れた実態とダイナミズムをクリアに描出し、建国以前から文化大革命や改革開放を経て現在に至る流れを新たな視点で再解釈する。権威主義体制において派閥が担う真の役割とは?

内容説明

公式には存在を否認されながら、権力闘争や政策論争の展開を根本で規定してきた中国共産党の派閥集団。その隠れた実態とダイナミズムをクリアに描出し、建国以前から文化大革命や改革開放を経て現在に至る流れを新たな視点で再解釈する。権威主義体制において派閥が担う真の役割とは?「一党独裁」の背後で動くもの

目次

序章 派閥と政争―派閥研究の理論枠組み
第1章 中国における派閥の歴史と特徴―北洋軍閥・中国国民党・中国共産党
第2章 毛沢東の派閥操作術―革命戦略と留ソ派・周恩来・劉少奇
第3章 「林彪集団」と文化大革命―毛沢東独裁の完成と江青
第4章 余秋里の石油閥と「洋躍進」―華国鋒の経済発展戦略の挫折
第5章 陳雲・経済保守派と改革・開放―「改革・開放の総設計師」〓小平再考
第6章 江沢民の上海閥と社会主義の変容―政治の制度化と胡錦涛・習近平
終章 中国共産党と派閥―レーニン主義と比較の視点

著者等紹介

李昊[リコウ]
1988年生まれ。2020年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。現在、神戸大学大学院国際文化学研究科講師・日本国際問題研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。