失業を埋めもどす―ドイツ社会都市・社会国家の模索

個数:

失業を埋めもどす―ドイツ社会都市・社会国家の模索

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815811037
  • NDC分類 366.28
  • Cコード C3022

出版社内容情報

失業はいかにして発見され、社会政策の中心課題になったのか。繰り返し大量失業に悩まされたドイツにおいて、都市が国家に先駆けてセーフティネット構築をはかる姿を初めて解明、慈善団体や国家との対抗/連携の過程も鮮やかに捉えて、労働をめぐるモダニティの大転換を、現代も視野に描き出す。

内容説明

失業はいかにして社会政策の中心課題になったのか。繰り返し大量失業に悩まされたドイツにおいて、都市が国家に先駆けてセーフティネット構築をはかる姿を初めて解明、慈善団体や国家との対抗/連携の過程も鮮やかに捉えて、労働をめぐるモダニティの大転換を、現代も視野に描き出す。

目次

失業の再埋め込みと都市ガバナンス
第1部 社会都市の時代(「都市の社会的課題」とはなにか―社会都市形成の規範理念;失業者救済は「都市の社会的課題」か―失業保険の主体をめぐって;エピデミックによる失業の「発見」―民間慈善と職業紹介)
第2部 総力戦体制と社会国家の成立(相反する「城内平和」理念―戦時失業扶助をめぐる公私の交錯;社会都市から社会国家へ―ライヒ失業扶助の展開)
第3部 危機下の社会国家と都市自治体(中央集権化に抗って―ライヒ失業保険の「破綻」がもたらしたもの;労働の「社会的・倫理的課題」―雇用創出をめぐるポリティクス)
「長い二〇世紀」における失業の再埋め込み

著者等紹介

森宜人[モリタカヒト]
1977年生まれ。2005年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。現在一橋大学大学院経済学研究科教授・一橋大学社会科学古典資料センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。