リ・アーカイヴ叢書<br> オーストリア経済思想史研究―中欧(ハプスブルク)帝国と経済学者

個数:

リ・アーカイヴ叢書
オーストリア経済思想史研究―中欧(ハプスブルク)帝国と経済学者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815810740
  • NDC分類 331.71
  • Cコード C3033

出版社内容情報

メンガー、バヴェルク、ヴィーザー、シュンペーター等オーストリア学派の成立を担った経済学者の思想と学説を中欧帝国の社会経済史と精神史のコンテキストから解読する。長らくケインズ革命に光を奪われながら近年復活著しいオーストリアンのブリリアントな研究である。

目次

序章 オーストリア学派の社会的性格
第1部 学派創始者たちの肖像(マックス・ヴェーバーにとってのメンガー;1871年以降のカール・メンガー;財政家としてのベーム=バヴェルク;ヴィーザーとオーストリア自由主義)
第2部 世紀初頭の新世代(ベーム・ゼミナールの新世代;シュンペーターにおける「資本主義過程」の探究;オーストリアにおける貨幣経済論の胎動)
第3部 補論と展望(ベーム=バヴェルク資本利子論の形成過程;ヴィーン大学の講義とオーストリア学派;オーストリア学派の“復活”と歴史的オーストリア学派)

著者等紹介

八木紀一郎[ヤギキイチロウ]
1947年福岡県に生まれる。1978年名古屋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。岡山大学教授、京都大学教授、摂南大学教授・学長などを経て、京都大学名誉教授、博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。