リ・アーカイヴ叢書<br> 定期市の研究―機能と構造

個数:

リ・アーカイヴ叢書
定期市の研究―機能と構造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 406p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815810696
  • NDC分類 384.37
  • Cコード C3025

出版社内容情報

定期市は新旧両大陸の主要農耕文化圏に古くから存在する人類の重要な営みで、従来、経済史、文化人類学、人文地理学等の様々な分野から注目されてきた。本書は、この定期市の分布や発生―発展―衰退のプロセスをフィールドワークを踏まえ、科学的かつ世界的視野で解明する。

目次

序論
第1部 定期市研究の意義と諸問題(世界各地における定期市の発生とその類似性;定期市研究における基本的諸問題 ほか)
第2部 定期市の展開過程(中国・河北省における定期市の展開;華中東部における市の展開 ほか)
第3部 定期市の分布と特性(インド亜大陸における市の分布について;インド・西ベンガル州における市の諸特性 ほか)
第4部 定期市の実態(バングラデシュ・ミルジャプール郡における定期市;南インド・ナーマッカル郡における定期市 ほか)
結論

著者等紹介

石原潤[イシハラヒロシ]
1939年生まれ。1962年京都大学文学部卒業。名古屋大学教授、京都大学教授、奈良大学学長などを経て、京都大学名誉教授、名古屋大学名誉教授、奈良大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。