塩と帝国―近代日本の市場・専売・植民地

個数:

塩と帝国―近代日本の市場・専売・植民地

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月03日 18時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 474p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810559
  • NDC分類 669
  • Cコード C3033

出版社内容情報

帝国日本の経済と生命を支えた一次産品、塩の生産・流通・消費の動態をトータルに解明、植民地塩の内地への浸透プロセスを専売や瀬戸内塩業も視野にとらえて、忘れられた塩の経済圏の全体像を示すとともに、戦後へとつながる食料、資源の対外依存構造のルーツを描き出す。

内容説明

塩の経済圏の全体像。帝国日本の経済と生命を支えた一次産品、塩の生産・流通・消費の動態をトータルに解明、植民地塩の内地への浸透プロセスを専売や瀬戸内塩業も視野にとらえるとともに、戦後へとつながる食料、資源の対外依存構造のルーツを描き出す。

目次

植民地と1次産品・食塩
第1部 内地市場と植民地塩(内地食塩市場の重層的構造と植民地塩;内地製塩業経営の拡大と資金調達―香川県綾歌郡宇多津町の製塩会社;台湾塩生産の拡大と内地人事業者優遇政策―台湾人事業者の主導性と補助政策の限界;関東州塩の輸出余力発生と対中交渉―外務省・関東都督府の対立と大蔵省 ほか)
第2部 政策・専売と植民地塩(内地製塩業政策と台湾塩専売制度―1894‐1903年;大日本塩業協会の活動と農商務省;塩専売法施行と制度批判の高揚―1904‐08年;塩専売制度の改定と「転換」―1907‐19年 ほか)
帝国日本の「膨張」と植民地産1次産品

著者等紹介

前田廉孝[マエダキヨタカ]
1985年東京都に生まれる。2008年慶應義塾大学経済学部卒業。2013年慶應義塾大学大学院経済学研究科経済学専攻後期博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員(DCI)、西南学院大学経済学部専任講師、同准教授を経て、慶應義塾大学文学部史学系日本史学専攻准教授。博士(経済学)慶應義塾大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

0
2015年の博士学位請求論文近代日本の専売政策とその市場的基盤 慶應義塾大学(博士(経済学))甲第4287号を大幅加筆2022/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19220093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。