フランク史〈1〉クローヴィス以前

個数:

フランク史〈1〉クローヴィス以前

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2022年01月18日 07時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 391p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810306
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C3022

内容説明

ヨーロッパ世界のもう一つの起源―欧州はギリシア・ローマからまっすぐに生まれたのではない。世界システムの大変動後、遠隔地交易、ローマ帝国との対抗、民族移動などを経て誕生した、500年にわたるフランク国家。「自由なる民」の淵源から王朝断絶までをたどる初めての通史。本巻では、初代王にいたる波乱の歴史を描く。

目次

第1部 起源の地を求めて(大西洋世界の展開と青銅器時代後期システムの崩壊;北海・バルト海地方と東地中海文化の接触;ローマ人のエルベ川流域への進出計画;ゲルマン諸部族の再編へ)
第2部 フランク同盟の盛衰(侵略と土地占取の時代;帝国に奉仕するフランク人;フランク首長層の台頭と転落)
第3部 フン族の影のもとで(五世紀初頭の政治動向とガリア;西ローマ帝国・ヴァンダル族・フン族;メロヴィング朝の起源とキルデリクス一世)

著者等紹介

佐藤彰一[サトウショウイチ]
1945年生まれ。1978年早稲田大学文学研究科博士課程退学。名古屋大学文学研究科教授などを経て、名古屋大学名誉教授、日本学士院会員、フランス学士院会員、博士(文学)。著書『修道院と農民』(名古屋大学出版会、1997年、日本学士院賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MUNEKAZ

17
先史時代からクローヴィスの父・キルデリクスの治世まで。泰斗によるフランク人の通史ということで、あとがき通りに完結すれば、壮大なシリーズになると思うが、それだけに「先生死なないでくださいよ」という編集者の言葉が重い。そもそもフランク人という民族はなく、様々な民族を内包した「フランク同盟」であったことや、「サリー」・フランクは存在せず、ユリアヌスの勘違いが後世に広まっただけなど、この方面には明るくない自分には衝撃的なことが多い。また著者の関心から、バルト海地域を中心とした琥珀交易についても詳しい。2021/09/29

スターライト

5
フランス、ドイツ、イタリアなどの母胎ともいえるフランク王国。その400年に及ぶ歴史を詳述する画期的な書。本書では同王国成立までの前史を青銅器時代後期から説き起こし、文献に現れるまでの歴史は主として琥珀を手掛かりに民族の交流を叙述し、その後は残された文献や遺跡で跡付けながら各民族の消長を浮き彫りにする。ローマ帝国の皇帝や高官に似たような名前が出てきて判別が困難になるが、敵味方が交錯する様子はダイナミック。ただ、章ごとに地図や工程などの有力者の家系図などの図版ももう少し欲しかった。2021/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18142702

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。