ヒロシマ―グローバルな記憶文化の形成

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヒロシマ―グローバルな記憶文化の形成

  • ウェブストアに72冊在庫がございます。(2020年09月21日 03時38分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 333p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809942
  • NDC分類 217.6
  • Cコード C3021

内容説明

原爆とホロコーストの交点へ。かつて「75年間は草木も生えない」と言われた都市は復興を遂げ、平和記念公園は「穏やかな」聖地と化した―どのようにして?追悼・記念や観光をめぐる記憶の政治、証言とトラウマ、絡み合う犠牲者言説などに注目し、世界のなかのヒロシマの位置を問い直す挑戦作。

目次

序章
第1章 平和の閃光―広島における都市計画・記念・政治 一九四五~五五年
第2章 近代の不安―恥と誇りの狭間の生存者たち 一九四五~六〇年
第3章 社会主義者の原爆と平和の原子力―近代性の展示と平和への闘い 一九五五~六二年
第4章 心の傷―ロバート・リフトン、PTSD、生存者とトラウマの精神医学的再評価
第5章 広島・アウシュヴィッツ平和行進
第6章 平和の聖地―暴力、観光産業、平和記念公園の聖地化 一九六三~七五年
第7章 赤いリンゴの皮をむく―広島・アウシュヴィッツ委員会と広島・アウシュヴィッツ記念館 一九七三~九五年
終章 もうひとつの爆心地―ヒロシマ、アウシュヴィッツ、九・一一、それらの間の世界

著者等紹介

ツヴァイゲンバーグ,ラン[ツヴァイゲンバーグ,ラン] [Zwigenberg,Ran]
1976年、イスラエル生まれ。ニューヨーク市立大学にて博士号(歴史学)取得。現在、ペンシルヴェニア州立大学准教授。『ヒロシマ』により、米国アジア研究協会のジョン・ホイットニー・ホール著作賞を受賞

若尾祐司[ワカオユウジ]
1945年生まれ。名古屋大学名誉教授。法学博士

西井麻里奈[ニシイマリナ]
1988年生まれ。大阪大学大学院文学研究科助教。博士(文学)

〓橋優子[タカハシユウコ]
1981年生まれ。九州大学大学院地球社会統合科学府博士後期課程修了。博士(学術)

竹本真希子[タケモトマキコ]
1971年生まれ。広島市立大学広島平和研究所准教授。博士(政治学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。