専門知を再考する

個数:

専門知を再考する

  • 提携先に7冊在庫がございます。(2021年05月15日 18時45分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809867
  • NDC分類 404
  • Cコード C3030

内容説明

科学技術の浸透した世界で物事を決めるとき、専門家を無視することも、絶対的に信頼することもできない。では専門知とは何か。会話や「農民の知」から、査読や科学プロジェクト運営まで、専門知の多様なあり方を初めてトータルに位置づける。対話型専門知の可能性に光をあて、現代社会に展望をひらく名著。

目次

序章 なぜ専門知か
第1章 専門知の周期表(1)―遍在専門知と特定分野の専門知
第2章 専門知の周期表(2)―メタ専門知とメタ基準
第3章 対話型専門知と身体性
第4章 言行一致―色盲、絶対音感、重力波についての実験
第5章 新しい境界設定基準
終章 科学、市民、そして社会科学の役割
補論 科学論の幾つかの波

著者等紹介

奥田太郎[オクダタロウ]
1973年生まれ。南山大学社会倫理研究所所長/人文学部教授、博士(文学)

和田慈[ワダメグム]
1981年生まれ。武蔵野大学等非常勤講師、修士(文学)

清水右郷[シミズウキョウ]
1989年生まれ。国立循環器病研究センター医学倫理研究部流動研究員、修士(情報科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。