郵政民営化の政治経済学―小泉改革の歴史的前提

個数:
  • ポイントキャンペーン

郵政民営化の政治経済学―小泉改革の歴史的前提

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月15日 15時20分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809683
  • NDC分類 338.72
  • Cコード C3033

内容説明

戦後日本の発展と軌を一にし、隠れた福祉・再分配機能をはたした郵便貯金が、その巨大化の過程で抱え込んだ問題の核心とは。金融財政史の展開から民営化論の虚実を捉え直し、熱狂と混迷を生み出した小泉改革の歴史的位置を、政治手法やイデオロギーをめぐる議論をこえて初めて描き出す。

目次

序章 郵政民営化と郵便貯金
第1章 「郵貯増強メカニズム」の誕生―高度成長期の郵便貯金(1)
第2章 郵便局政策の地域的展開―高度成長期の郵便貯金(2)
第3章 金融構造の変化と郵貯「大膨張」―安定成長期の郵便貯金
第4章 金融自由化と「1990年ショック」―バブル経済下の郵便貯金
第5章 国債問題の顕在化―長期不況下における郵便貯金
第6章 郵政民営化の政策決定過程―小泉改革下の郵便貯金
第7章 郵政民営化の現在と巨大郵貯のゆくえ
終章 郵政民営化とは何だったのか

著者等紹介

伊藤真利子[イトウマリコ]
1980年生まれ。2012年青山学院大学総合文化政策学研究科博士課程修了。青山学院大学総合文化政策学部助教、静岡英和学院大学人間社会学部准教授を経て、平成国際大学法学部准教授、博士(総合文化政策学)。論文、「バブル経済下の郵便貯金―「90年ショック」をめぐって」(『郵政資料館研究紀要』第3号、2011年、第8回日本FP学会賞審査員賞)、「郵便貯金の民営化と金融市場―金融変革期における郵便貯金」(『青山社会科学紀要』第36巻第2号、2008年、第1回石橋湛山新人賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。