吉野作造と上杉愼吉―日独戦争から大正デモクラシーへ

個数:

吉野作造と上杉愼吉―日独戦争から大正デモクラシーへ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809263
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C3031

内容説明

「民本主義」対「国家主義」の単純な枠組みに収まりきらない、近代社会科学最大のライバルの共通基盤と真の分水嶺はどこにあったのか。ドイツ経験などの見過ごされた契機も手掛かりに、近代日本政治の現実の焦点を捉え、デモクラシーと帝国をめぐる議論に新たな地平を拓く。

目次

序章 大正デモクラシーとドイツ政治論の競演
第1章 明治日本のドイツ的近代化
第2章 「獨逸學」との格闘―一八九八‐一九〇六年
第3章 洋行―一九〇六‐一九一四年
第4章 欧州大戦の論評―一九一四‐一九一八年
第5章 「大正グローバリゼーション」への対応―一九一八‐一九二六年
第6章 崩壊前の最期―一九二六‐一九三三年
第7章 終わりなき闘争―一九三三‐二〇一八年
終章 二つの権威主義の相克

著者等紹介

今野元[コンノハジメ]
1973年東京都に生まれる。1995年東京大学法学部卒業。2002年ベルリン大学第一哲学部歴史学科修了(Dr.phil.)。2005年東京大学大学院法学政治学研究科修了(博士(法学))。現在、愛知県立大学外国語学部・大学院国際文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

17
この二人の東京帝国大学教授については、立花隆の『天皇と東大』でも書かれていたような民本主義者(吉野作造)と国家主義者(上杉愼吉)の対峙という印象が強かったが、本書では明治日本のドイツ的近代化の視点も加味し、両名のドイツでの経験も紐解きながら、単純な二元論的な対立構図から脱し、より多角的に両名を比較する事で、近代日本が向き合ってきた「西洋的なもの」と「日本固有のもの」の相克が、今なお解消されていないという事までも提示している。西洋の影響力が弱まる中で台頭してくるものは?2019/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13243515
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。