道教経典の形成と仏教

個数:

道教経典の形成と仏教

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 584p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815808853
  • NDC分類 166
  • Cコード C3014

内容説明

仏教伝来のインパクトを受け体系化する道教。中国固有の思想との相克のなか、融合はいかになされたのか。霊宝経から坐忘論まで、生み出された経典・儀礼・聖像等を通して、六朝隋唐時代におけるダイナミックな展開を描き出す労作。

目次

第1篇 霊宝経の形成とその思想(霊宝経と初期江南仏教―因果応報思想を中心に;霊宝経における経典神聖化の論理―元始旧経の「開劫度人」説をめぐって ほか)
第2篇 天尊像考(隋代の道教造像;天尊像・元始天尊像の成立と霊宝経 ほか)
第3篇 道教経典と漢訳仏典(『海空智蔵経』と『涅槃経』―唐初道教経典の仏教受容;『海空智蔵経』巻十「普記品」小考―道教経典と中国撰述仏典 ほか)
第4篇 日本国内所蔵の道教関係敦煌写本(国立国会図書館所蔵の敦煌道経;杏雨書屋所蔵の敦煌道経 ほか)
第5篇 唐代道教と上清派(則天武后期の道教;司馬承禎『坐忘論』について―唐代道教における修養論 ほか)

著者等紹介

神塚淑子[カミツカヨシコ]
1953年兵庫県に生まれる。1975年東京大学文学部卒業。1979年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、名古屋大学大学院人文学研究科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。