黒海地域の国際関係

個数:

黒海地域の国際関係

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 408p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815808631
  • NDC分類 319.38
  • Cコード C3031

内容説明

西欧・ロシア・中東の狭間に位置し、歴史上つねに国際政治の焦点だった黒海。冷戦後のEU/NATOとロシアの綱引きのなか、紛争や跨境性を伴いつつトルコ、ウクライナ、ジョージア、バルカン諸国等が織りなす地域の動態を、外交・経済から宗教まで多面的に分析、その全体像を描き出す。世界政治のフォーカルポイント。

目次

第1部 黒海の地域性―域内協力と域外関係(黒海国際関係の歴史的展開―20世紀初頭まで;20世紀黒海地域の国際政治;冷戦後の黒海国際政治;黒海地域の経済協力と国際経済関係)
第2部 域内国際関係(ロシアの政治変動と外交政策;トルコの政治変動と外交政策;ウクライナの政治変動と外交政策;南コーカサスの政治変動と外交政策;バルカンの政治変動と外交政策)
第3部 黒海地域の主要課題(長期化する紛争と非承認国家問題;宗教とトランスナショナリズム―レニンゴル、沿ドニエストル、クリミアに共通するもの;輸送・商品・エネルギーの経済関係―ロシアとウクライナの角逐を中心に;企業のトランスナショナリズム―ロシアの天然ガスとウクライナ)

著者等紹介

六鹿茂夫[ムツシカシゲオ]
1952年名古屋市に生まれる。1978年上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻修士課程修了。1985年ブカレスト大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、静岡県立大学大学院国際関係学研究科教授、同附属広域ヨーロッパ研究センター長、日本黒海学会会長、博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takumi Kosugi

1
ルーマニア研究の権威、上智ロシ科OBの六鹿先生が編者。頑張って4日で読了した。 黒海地域という地域概念は斬新ではあるものの、ある種の流行に終わってしまう心配があった。しかし、古くから伝統的な『狭間の政治』を起源とし、現在に於いても『力の空白』を埋めるべくパワーポリティクスが展開され、同時に後背覇権との関連を考慮するべき黒海地域の独自性と、当該地域における多様性を収斂する、トランスナショナルな場としての地域性を論証した。多種多様な見方を持つ著者らによる、黒海地域研究の第一歩に非常に相応しい研究書である。2017/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11481854
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。