チャネル間競争の経済分析―流通戦略の理論

個数:

チャネル間競争の経済分析―流通戦略の理論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807979
  • NDC分類 331.84
  • Cコード C3034

内容説明

流通経済学の新しいフロンティア。生産と消費の間にある空間、時間、価値、情報の隔たりを架橋し、経済厚生を高める流通チャネル。従来の限界を超え、価格‐数量競争による新たな分析枠組みを提示、フランチャイズ料制、再販制、テリトリー制、専売店制の理解を一新し、高需要期の低価格などの未解明の謎を解き明かす。

目次

チャネルの機能とその管理
1 チャネル間における価格‐数量競争の基礎理論(価格‐数量競争の基本モデル;製品差別化―数量競争、価格競争および経済厚生;基本モデルの一般化;小売段階の競争と生産者間の競争)
2 チャネルにおける費用削減投資(流通業者による費用削減投資―規模効果、契約のタイミングとフランチャイズ料;高需要期の低価格現象―流通費用削減投資;生産者による費用削減投資)
3 垂直的取引制限と経路選択(価格‐価格競争―垂直的分離と取引制限;上限価格規制(再販制)
テリトリー制
経路選択)
4 チャネル間競争の諸側面(販売協賛金と経済厚生;系列調達vs.内部調達―トヨタvs.GM;直接販売vs.間接販売―生産者による小売企業の株の所有;小売企業の資本構成―有限責任効果と統合効果)
チャネル間競争のメカニズム―総括と展望

著者等紹介

成生達彦[ナリウタツヒコ]
1952年東京都に生まれる。1981年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修学、南山大学経営学部助手、82年講師、86年助教授。1989年米国ノースカロライナ州立大学大学院卒業:Ph.D.。1994年京都大学博士(経済学)、南山大学経営学部教授。1998年京都大学大学院経済学研究科教授。2006年京都大学大学院経営管理研究部教授。主著『流通の経済理論』(名古屋大学出版会、1994年、日本商業学会優秀賞・経営科学文献賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。