近代中国の在外領事とアジア

個数:

近代中国の在外領事とアジア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 426,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807849
  • NDC分類 222.06
  • Cコード C3022

内容説明

華人保護を名目とする南洋領事設置の模索から、領事裁判権の行使に至る中国の対外政策の近代的変容を徹底的に実証、条約体制の平等/不平等のみを問う既存の理解を大きく乗り越えて、近代アジアの国際関係の実像を新たな水準で描き出す。

目次

領事制度と近代中国
第1部 華人保護論の展開と在外領事拡大論議(在外領事像の模索―領事派遣開始前後の設置論;南洋華人調査の背景と西洋諸国との摩擦;南洋華人調査の実施―華人保護と領事設置の予備調査;清朝政府の領事拡大論議―在外領事と華人保護の有益性をめぐって;駐英公使薛福成の領事設置活動とその挫折―総理衙門との論争を中心に)
第2部 中国の在外領事裁判と東アジア(双務的領事裁判権をめぐる日清交渉;清朝の在朝鮮領事裁判規定の成立と変容―“宗属・片務”関係から“対等・双務”関係への転換;日本・朝鮮における清朝領事裁判の実態と変容;在ベトナム領事の設置をめぐる対仏交渉―清朝による領事裁判権要求と「属邦」論;近代日中の“交錯”と“分岐”の軌跡―領事裁判権をめぐって)
近代アジア国際関係史への新たな視座―華人保護と領事裁判権から見た「近代」的変容

著者等紹介

青山治世[アオヤマハルトシ]
1976年岐阜県大垣市に生まれる。2004年愛知学院大学大学院文学研究科博士課程後期満期退学。2008年博士(文学)取得(愛知学院大学)。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て現在、亜細亜大学国際関係学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件