日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学

個数:

日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月14日 12時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807634
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C3036

内容説明

日本型の排外主義運動はいかにして発生し、なぜ在日コリアンを標的とするのか?「不満」や「不安」による説明を超えて、謎の多い実態に社会学からのアプローチで迫る。著者による在特会への直接調査と海外での膨大な極右・移民研究の蓄積をふまえ、知られざる全貌を鋭く捉えた画期的成果。

目次

序章 日本型排外主義をめぐる問い
第1章 誰がなぜ極右を支持するのか―支持者像と支持の論理
第2章 不満・不安で排外主義運動を説明できるのか
第3章 活動家の政治的社会化とイデオロギー形成
第4章 排外主義運動への誘引―なぜ「在日特権」フレームに共鳴するのか
第5章 インターネットと資源動員―なぜ在特会は動員に成功したのか
第6章 排外主義運動と政治―右派論壇の変容と排外主義運動との連続性をめぐって
第7章 国を滅ぼす参政権?―外国人参政権問題の安全保障化
第8章 東アジア地政学と日本型排外主義―なぜ在日コリアンが標的となるのか

著者等紹介

樋口直人[ヒグチナオト]
1969年生。1999年一橋大学大学院社会学研究科博士課程中退。現在、徳島大学総合科学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件