日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学

個数:

日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月01日 02時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807634
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C3036

内容説明

日本型の排外主義運動はいかにして発生し、なぜ在日コリアンを標的とするのか?「不満」や「不安」による説明を超えて、謎の多い実態に社会学からのアプローチで迫る。著者による在特会への直接調査と海外での膨大な極右・移民研究の蓄積をふまえ、知られざる全貌を鋭く捉えた画期的成果。

目次

序章 日本型排外主義をめぐる問い
第1章 誰がなぜ極右を支持するのか―支持者像と支持の論理
第2章 不満・不安で排外主義運動を説明できるのか
第3章 活動家の政治的社会化とイデオロギー形成
第4章 排外主義運動への誘引―なぜ「在日特権」フレームに共鳴するのか
第5章 インターネットと資源動員―なぜ在特会は動員に成功したのか
第6章 排外主義運動と政治―右派論壇の変容と排外主義運動との連続性をめぐって
第7章 国を滅ぼす参政権?―外国人参政権問題の安全保障化
第8章 東アジア地政学と日本型排外主義―なぜ在日コリアンが標的となるのか

著者等紹介

樋口直人[ヒグチナオト]
1969年生。1999年一橋大学大学院社会学研究科博士課程中退。現在、徳島大学総合科学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

奥澤啓

47
人間は生まれながらにして右翼でもなければ、左翼でもなければ、リベラルでもなければ、保守でもなければ、差別主義者でもなければ、排外主義者でもない。何らかの要因で何らかの立ち位置にいるにすぎない。在特会の活動を見ていると、そういうことを考える。どうして、特定の人間を排除、排斥したいのか。現在、日本の排外主義を社会学的に考察する学術書では、本書が必読文献らしい。一読だけでは深い理解には及ばない。日本はどんどん多民族化している。これからの社会はどうあるべきなのか?精読したい。学術書のため4536円と高い。2015/02/17

mittsko

4
ザ・アカデミックな一冊 西欧の極右研究に範をとり、その知見と手法を現代日本に徹底的に適用する 綿密な、細かすぎるほどの文末注も 情念に流されがちなこの主題をめぐる議論に なんとか共有されるもの(本書でそれは、知性が解するもの、知性による仮説と検証が可能なもの、である)を示そうとする工夫でしょう 同時に、排外主義に対する著者の否定的なスタンスは明快です(ボクもそれに無条件に賛同します) 戦後日本の保守層(右翼団体とは異なる)それ自体が過激化していく様が とても説得的に、予断を排して描かれます 必読!2015/05/21

coolflat

4
在特会を初め排外主義運動参加者は、非正規労働者や鬱憤晴らしで構成されているという論が割と認知されているがそうではない。排外主義運動参加者は元々保守的イデオロギーの傾向を持ちネットを介し、自らのイデオロギーを増幅させる形で排外主義者となる。また日本型排外主義は右派論壇の言説の変化と密接に関係している。冷戦崩壊による安全保障政策の変化が、右派論壇の韓国・北朝鮮敵視の言説へと変化するが、日本型排外主義では在日コリアンと安全保障における韓国・北朝鮮を「反日」と同一視する事が、在日コリアンを排斥する根拠になっている2014/11/02

しゅー

3
★★ 佐藤優の推薦本その4だ。学術書だが記述は平易で読むのにそんなに苦労はしない。かって話題を呼んだ「ネットと愛国」と言う本を俎上に乗せ、不安▪不満と特定の階層だけでは排外主義を説明しきれないことを論じている。当該本は既読で、読んだ時は「そんなものか」と納得してしまった記憶があるが、確かにミクロな視点での議論に終始している印象はあった。本書が、海外の過去の議論の蓄積や学術的なフレームワークを駆使して、同じ事象から異なる結論を導き出す様子は非常にスリリングである。日韓の関係を考える上でもためになる本だった。2020/01/18

むっち

3
この本の主張は最終章とその前の章に尽くされているからそこから読んでもいいけど、在特会のメンバーの聴き取り調査に基づく自説の論証が圧巻です。なんとなく非正規で社会的に不安な人がはけ口を求めて排外主義に走るという漠然とした主張を排し、排外主義が右翼的論壇と結び付きながらその影響をうけて拡大していること、本質的に保守の運動をしていたすなわち本流の右翼的活動家たちが中心活動家であることを説き起こしている。とりわけ日本の侵略とか犯罪行為を修正する歴史修正主義は表現こそヘイトとは違うがヘイトの土壌を生み出す土壌を作っ2016/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7941911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。